DTM・作曲におすすめの安いノートパソコン6選【スペックの選び方も解説】

※このページにはアフィリエイト広告が含まれています。

DTM(音楽制作)をやるにあたり、ノートパソコンが十分な性能を持っていないと、音楽制作ソフト(DAW)の処理が追いつかず作業が遅延してしまう可能性があるので、ノートパソコン選びは非常に重要です。

しかし、ノートパソコンにはいろいろなメーカー・スペックのものがあり、どれを選べばよいか悩みますよね?

そこで本記事では、DTM初心者でも購入しやすいように、さまざまな音楽制作ソフトに対応できるコスパの良いノートパソコンをご紹介します。

こちらのランキングは、メーカーのセール情報などもチェックして都度更新していますので、ノートパソコン選びの参考にしてみてください!

人気のDTMソフト(DAW)の推奨スペック

DAWソフトを使用している時のノートパソコン画面の写真

DTMで使用されている、主要なDAWソフトは以下の6つです。

  • CUBASE
  • Studio One
  • Live11
  • FL Studio
  • Pro Tools
  • Logic Pro(Macのみ)

上記5つのソフトの推奨スペックを、WindowsとMacでそれぞれまとめました。

Windowsの推奨スペック

DAWソフトCUBASE 13Studio OneLive12FL StudioLogic Pro
Macのみ
OSWindows 11 Version 22H2 (以降), Windows 10 Version 22H2 (以降)Windows® 10以降(64-bit)Windows 10 (バージョン22H2)またはWindows 11 (バージョン22H2以降)Windows 10(64ビット)、Windows 11Windows非対応
CPUIntel® Core™ i5 (第4世代) / AMD Ryzen™Intel Core i3またはAMD® A10プロセッサー以上第5世代インテル® Core™ i5プロセッサーまたはAMD RyzenプロセッサーIntel もしくは AMD をサポートします。ARM ベースのCPUとの互換性はありません。Windows非対応
メモリ8 GB4GB RAM(8GB以上推奨)8GB RAM4GB 以上のRAMWindows非対応
グラフィックボードAMD R, RX シリーズ以降, NVIDIA Series 700 以降指定なし指定なし指定なしWindows非対応
ストレージ75GB以上40GB以上76 GB以上4GB以上Windows非対応
ディスプレイ解像度1440×900以上1366×768以上1366×768以上XGA 以上の解像度のディスプレイ(SXGA 以上を推奨)Windows非対応
公式サイト

これだと抽象的でよく分からないですよね。

また、これ以外にもソフトを使用する上で重要なスペックはあります。

それらを考慮し、3つのソフトを快適に操作するのに必要なスペックを具体的にまとめました。

OSWindows 10 以降
CPU・Intel Core i5の第12世代以上
・Intel Core i7の第12世代以上
・Intel Core i9の全世代
・Ryzen 7の全世代
・Ryzen 9の全世代
メモリ16GB以上
グラフィックボードNVIDIA GeForce GTX 1650以上。
具体的には、以下のグラフィックボード。

・NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
・NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop
・NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop
・NVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
・NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
・NVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU
ストレージSSD 512GB以上
ディスプレイサイズ14〜16インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)以上

それぞれのスペックに関して、後の章で解説しています。

Macの推奨スペック

DAWソフトCUBASE 13Studio OneLive12FL StudioLogic Pro
Macのみ
OSmacOS Sonoma, macOS Ventura, macOS MontereymacOS® 10.14以降(64-bit)macOS 11 Big Sur以降macOS 10.13.6 High Sierra 以降macOS Ventura 13.5以降
CPUIntel® Core™ i5 (late 2015 or later) or Apple siliconIntel® Core i3プロセッサー以上またはAppleシリコン(M1/M2/M3チップ)Intel Core i5プロセッサーもしくはAppleシリコン Intel もしくは Apple Silicon をサポートします。指定なし
メモリ8 GB4GB RAM(8GB以上推奨)8GB RAM4GB 以上のRAM指定なし
グラフィックボードMetal 対応グラフィックカード指定なし指定なし指定なし指定なし
ストレージ75GB以上40GB以上76 GB以上4GB以上72GB以上
ディスプレイ解像度1440×900以上1366×768以上1280 × 800以上XGA 以上の解像度のディスプレイ(SXGA 以上を推奨)指定なし
公式サイト

Windowsと同様に、3つのソフトを快適に操作するのに必要なスペックを具体的にまとめました。

OSmacOS Ventura(バージョン 13.5.1) 以降
CPU・Intel Core i5の第12世代以上
・Intel Core i7の第12世代以上
・Intel Core i9の全世代
・Ryzen 7の全世代
・Ryzen 9の全世代
メモリ16GB以上
グラフィックボードCPU内蔵グラフィック
ストレージSSD 512GB以上
ディスプレイサイズ15インチ以上
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)以上
色域カバー率sRGB 100%以上

それぞれのスペックに関して、後の章で解説しています。

DTM・作曲におすすめのノートパソコンのスペックの選び方

OS(WindowsとMacどっちがいいのか?)

DTM・作曲用ノートパソコンを選ぶ際、OSはWindowsかMacかどっちを選ぶか悩む方も多いと思います。

結論から言うと、どちらでも好きな方を選んでOKです。

とはいえ、どちらにするか悩むと思うので、MacとWindowsのメリット・デメリットをまとめました。

Windowsノートパソコンのメリット・デメリット

  • さまざまなメーカーから多種多様なモデルがリリースされており、価格やスペック、デザインの選択肢が豊富
  • 必要に応じて部品のアップグレードやカスタマイズが容易
  • 世界中で最も多く使用されているOSのため、多くのソフトウェアが対応している
  • 同等のスペックでもMacよりも安い
  • 圧倒的多数がWindows派なので、Word・Excel・PowerPointなどのデータのやり取りがスムーズ
  • 重量がMacノートパソコンよりも重い場合が多い
  • ウィルスやマルウェアのターゲットとなりやすいので、定期的なセキュリティアップデートやウィルス対策ソフトの導入が必要

Macノートパソコンのメリット・デメリット

  • ウィルスやマルウェアの被害が少ない
  • 重量がWindowsノートパソコンよりも軽い場合が多い
  • iPhoneやiPadとの連携がスムーズ
  • 同等のスペックの場合、Windowsよりも高い
  • Microsoft Officeソフトとの互換性が悪い
  • Windowsよりも非対応のソフトウェアが多い

DTM・作曲以外に使いたいソフトや、やりたいことが増えた場合に、様々なソフトウェアに対応できるWindowsを選んでおけば、買い直す必要がなく柔軟に対応できます

一方、MacはiPhoneやiPadとの連携がスムーズで、ディスプレイも鮮明なのでクリエイター向けのノートパソコンとして人気です。

それぞれのメリット・デメリットをしっかり確認した上で、自分の用途に合ったOSを選びましょう。

CPU

清潔な白を背景に置かれた1個のノートパソコン用CPUチップの写真。チップの複雑なディテールとピンがはっきりと見え、その複雑さが強調されている。

CPU(Central Processing Unit)は、ノートパソコンの”脳”とも呼ばれる部分であり、指示された計算やタスクを実行する主要なパーツです。

さらに、それぞれのメーカーに様々な種類の製品があります。

例えば、intel社の場合「intel Core i5 10210U」などと表記されます。
「Core i5」の部分がグレード、「10210U」の部分が製品の世代番号のようなもので、どちらも数字が大きいほど性能が良いです。

一般的には、「Core i3」<「Core i5」<「Core i7」と数字が大きくなるにつれて性能が良くなっていくという説明がされますが、正確にはここの数字だけではCPU性能は分かりません

「core i7」でも、世代が古いと性能が悪かったりするので注意が必要です。

そこで、CPUの性能を総合的に判断する指標としておすすめなのが、「PassMark値(Average CPU Mark)」です。

CPUのPassMark値は、「”CPU名” + “PassMark”」で検索すると調べることができます↓(下記画像のオレンジ色の数字がPassMark値。)

画像出典:PASS MARK SOFTWARE公式サイト

DTMソフトで複数のプラグインやエフェクトをリアルタイムで処理するためには、高性能なCPUが求められます。

ある程度複雑なデータでもスムーズに処理にも対応できるよう、PassMark値が14000以上のCPUを選ベばOKです。

具体的には、以下のCPUを選べば問題ありません。

  • Intel Core i5の第12世代以上
  • Intel Core i7の第12世代以上
  • Intel Core i9の全世代
  • Ryzen 7の全世代
  • Ryzen 9の全世代
  • Apple社のM1チップ、M2チップ

メモリ

バイナリーコードパターンを背景にRAMモジュールをクローズアップした写真。モジュールの1つに貼られたラベルにはアルファベットで「RAM」と書かれている。

メモリは主記憶装置のことで、コンピュータの作業スペースのようなものです。

メモリ容量が大きい程、一度にたくさんの処理を行えるため、処理速度も速くなります

DTMソフトでの編集作業において、メモリは多くのトラックやサンプルを同時に扱うために重要な役割を果たします。

他の音楽制作ソフトを同時に使用することも考慮するとし、メモリは16GB以上をおすすめします。

ストレージ

内部部品が露出したオープン・ノートパソコンの写真で、SSDが中央に大きく配置されているのがわかる。SSDチップセットとコネクタのクローズアップ写真。背景には、SSDの技術仕様とアーキテクチャの詳細を示す青写真スタイルの図が描かれています。

ストレージはパソコンのデータを保存しておく場所のことです。

ストレージにはHDDとSSDの2種類があります。

SSDはHDDより高価ですが、パソコンの起動やデータの読み書きの速度が速いので、SSDがおすすめです。

DTMソフトの編集作業で扱う大量のプロジェクトファイルやサンプルライブラリを保存するために、ストレージの容量は512GB以上がおすすめです。

もし容量が足りなくなった場合は、クラウドストレージや、外付けハードディスクを購入することで十分対応可能です。

グラフィックボード

グラフィックボード

グラフィックボード、別名GPU(Graphics Processing Unit)は、視覚的な計算を行うための専門的なパーツです。

DTMの人気ソフトであるCubase 12以前ではCPU内蔵グラフィックスでも問題ありませんでしたが、Cubase 13ではUIが進化しており、グラフィックボードが搭載されたモデルが推奨されています。

グラフィックボードの性能は作業効率に影響するため、性能とコストのバランスが取れた、以下のモデルを選びましょう。

  • NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
  • NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop
  • NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop
  • NVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
  • NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
  • NVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU

Cubase以外のDTMソフトは、CPU内蔵グラフィックスでも問題ありません。

ディスプレイ解像度

机の上に2台のノートパソコンを並べて比較する人の写真。一方のノートパソコンは標準HDディスプレイ、もう一方は4K解像度を誇る。両者の鮮明さ、色の深さ、シャープネスの違いは明らかだ。それぞれのノートパソコンの上には、「1080p HD」と「4K UHD」を示すラベルが浮かんでいる。

DTMソフトの多くの機能やプラグインを一度に表示する場合、解像度が高いディスプレイの方が見やすく、画面上の作業スペースも広くなります。

そのため、フルHD(1920×1080)以上のディスプレイが搭載されたモデルを選択しましょう。

ディスプレイサイズ

柔らかなグラデーションを背景にノートパソコンのディスプレイを並べたイラスト。ディスプレイは小型から大型まで明確に区別されている。各ディスプレイには、「11インチ」「13.3インチ」「15.6インチ」「17.3インチ」など、サイズが正確に表示されている。画面はソフトな輝きを放ち、鮮明さと解像度を強調している。

ディスプレイサイズが大きいほど広い作業スペースが確保され、複数のパネルやツールを同時に表示することができるため、効率よく作業を進めることができます。

ただし、ディスプレイサイズが大きくなればなるほど、ノートパソコンの重量は重くなります。

外出先でも編集作業を行うことを考慮し、重量と持ち運びやすさが両立できる14〜16インチのディスプレイサイズがおすすめです。

DTM・作曲におすすめのノートパソコン5選【Windows】

DTMソフトでの音楽制作を快適にこなせるWindowsノートパソコン5選を、おすすめ順にランキング形式でご紹介します。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
LOQ 16IRH8 - ストームグレーLenovo LOQ 16IRH8 - ストームグレー
119,790円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-13420H1893816GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop939316.0インチ1920×1200(WUXGA)144HzNTSC 45%2.60kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きなしストームグレーありなし-
2位HP
Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】HP Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】
145,200円
123,420円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7640HS2403616GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU1510216.1インチ1920×1080(フルHD)144HzsRGB 約65.7%2.30kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)セラミックホワイトありなし-
3位ASUS
TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)ASUS TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)
229,800円
149,800円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-12700H2632516GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU1339516.0インチ1920×1080(フルHD)144HzsRGB 約65.7%2.20kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きインディーブラックありなし-
4位Lenovo
Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)
311,740円
185,234円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-13500HX2811532GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU1510216.0インチ2560×1600(WQXGA)165HzsRGB 100%2.50kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)オニキスグレーありなし-
5位Dell
New Dell G15 ゲーミング ノートPCDell New Dell G15 ゲーミング ノートPC
183,981円
171,085円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 7 7840HS2942916GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU1831915.6インチ1920×1080(フルHD)165HzsRGB 100%2.97kg約92万画素(HD・720p)-なしクォンタム ホワイトありなし-

1位Lenovo LOQ 16IRH8 - ストームグレー

Lenovo LOQ 16IRH8 - ストームグレー
画像出典:Lenovo公式サイト

119,790円(税込)

Lenovoの高性能ゲーミングノートパソコンです。

CPUはインテル Core i5-13420H、メモリは16GB、GPUはNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptopを搭載しており、重めのゲームや動画編集などの負荷の高いソフトも快適に作業できます。

ディスプレイ解像度が1920×1200(WUXGA)で非常に高画質で、リフレッシュレートは144Hzなので鮮明でスムーズな映像が楽しめます。

WebカメラはフルHDで高画質なのに加え、プライバシーシャッターも付いているので、Webミーティングなどにも便利です。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo LOQ 16IRH8 - ストームグレー」のメリット・デメリット

  • コスパが非常に良い
  • CPUが非常に高性能
  • グラフィックボードが高性能
  • ディスプレイ解像度が1920×1200(WUXGA)で高画質
  • WebカメラがフルHDで高画質、且つプライバシーシャッター付き
  • 重量が約2.6kgとやや重い
  • 色域カバー率がNTSC 45%とやや低め

スペック一覧

1位Lenovo
LOQ 16IRH8 - ストームグレー
画像Lenovo LOQ 16IRH8 - ストームグレー
価格(税込)119,790円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i5-13420H
CPUのPassMark値18938
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
GPU Average G3D Mark(PassMark)9393
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1200(WUXGA)
最大リフレッシュレート144Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量2.60kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
Officeソフトなし
カラーストームグレー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

2位HP Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】

Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】
画像出典:HP公式サイト

145,200円(税込)
123,420円(税込)

HPの16.1インチ、フルHDゲーミングノートパソコンです。

CPUはAMD Ryzen 5 7640HS、メモリは16GB、GPUはNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPUを搭載しており、重めのゲームや動画編集などの負荷の高いソフトも快適に作業できます。

リフレッシュレートが144Hzと高めなので、スムーズな映像を楽しめます。

WebカメラはフルHDで高画質なのに加え、プライバシーシャッター付きなのでWebミーティングなどにもおすすめです。

重量が約2.3kgと、同性能のPCと比較して軽めなので持ち運ぶ際にも便利です。

HP公式サイトiconで購入できます。

「HP Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】」のメリット・デメリット

  • CPUが高性能
  • グラフィックボードが非常に高性能
  • リフレッシュレートが144Hzと高めなのでゲームにもおすすめ
  • 重量が約2.3kgと、同性能のPCと比較して軽め
  • WebカメラがフルHDで高画質、且つプライバシーシャッター付き
  • 色域カバー率がsRGB 約65.7%とやや低め

スペック一覧

2位HP
Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】
画像HP Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】
価格(税込)145,200円
123,420円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7640HS
CPUのPassMark値24036
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)15102
ディスプレイサイズ16.1インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート144Hz
色域カバー率sRGB 約65.7%
重量2.30kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
Officeソフトなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)
カラーセラミックホワイト
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

3位ASUS TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)

TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)
画像出典:Asus Store公式サイト

229,800円(税込)
149,800円(税込)

ASUSの高性能ゲーミングノートパソコンです。

CPUはインテル Core i7-12700Hメモリは16GBGPUはNVIDIA GeForce RTX 3060を搭載しており、重めのゲームや動画編集などの負荷の高いソフトも快適に作業できます。

厳しい耐久性規格(標高・気温・湿度など)の「MLIL-STD 810H」テストをクリアしたノートパソコンなので、どんな環境でも安心して使用することができます。

「Microsoft Office Home and Business 2021」も搭載されているモデルなので、すぐにオフィスワークにも使用できます。

同性能の他のノートPCと比較して重量がやや軽めなのもメリットの一つです。

ASUS Store公式サイトで購入できます。

「ASUS TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)」のメリット・デメリット

  • CPUが非常に高性能
  • 耐久性が非常に高い
  • 同性能の他のノートPCと比較して重量がやや軽め
  • Microsoft Office Home & Business 2021付き
  • 色域カバー率がsRGB 約65.7%とやや低め
  • ボディがゴツいので、好みが分かれる

スペック一覧

3位ASUS
TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)
画像ASUS TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)
価格(税込)229,800円
149,800円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i7-12700H
CPUのPassMark値26325
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)13395
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート144Hz
色域カバー率sRGB 約65.7%
重量2.20kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラーインディーブラック
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

4位Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)
画像出典:Lenovo公式サイト

311,740円(税込)
185,234円(税込)

Lenovoの高性能ゲーミングノートパソコンです。

CPUはインテル Core i5-13500HXメモリは32GBGPUはNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPUを搭載しており、重めのゲームや動画編集などの負荷の高いソフトも快適に作業できます。

ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で非常に高画質で、リフレッシュレートは165Hzなので鮮明でスムーズな映像が楽しめます。

WebカメラはフルHDで高画質なのに加え、プライバシーシャッターも付いているので、Webミーティングなどにも便利です。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)」のメリット・デメリット

  • CPUが非常に高性能
  • メモリが32GBと大容量
  • グラフィックボードが非常に高性能
  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で非常に高画質
  • ディスプレイのsRGBカバー率が100%と広いので鮮やかな映像を楽しめる
  • リフレッシュレートが165Hzなのでスムーズな映像が楽しめる
  • WebカメラがフルHDで高画質、且つプライバシーシャッター付き
  • 重量が約2.5kgとやや重い

スペック一覧

4位Lenovo
Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)
画像Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)
価格(税込)311,740円
185,234円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i5-13500HX
CPUのPassMark値28115
メモリ32GB
ストレージ512GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)15102
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート165Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量2.50kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
Officeソフトなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)
カラーオニキスグレー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

5位Dell New Dell G15 ゲーミング ノートPC

New Dell G15 ゲーミング ノートPC
画像出典:Dell公式サイト

183,981円(税込)
171,085円(税込)

Dellの高性能ゲーミングノートパソコンです。

CPUはAMD Ryzen 7 7840HSメモリは16GBGPUはNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPUを搭載しており、重めのゲームや動画編集などの負荷の高いソフトも快適に作業できます。

ディスプレイのリフレッシュレートは144Hzなので鮮明でスムーズな映像が楽しめます。

Webカメラはプライバシーシャッターも付いているので、Webミーティングなどにも便利です。

Dell公式サイトで購入できます。

「Dell New Dell G15 ゲーミング ノートPC」のメリット・デメリット

  • CPUが非常に高性能
  • グラフィックボードが非常に高性能
  • ディスプレイのsRGBカバー率が100%と広いので鮮やかな映像を楽しめる
  • リフレッシュレートが165Hzなのでスムーズな映像が楽しめる
  • 重量が約2.97kgとやや重い

スペック一覧

5位Dell
New Dell G15 ゲーミング ノートPC
画像Dell New Dell G15 ゲーミング ノートPC
価格(税込)183,981円
171,085円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 7 7840HS
CPUのPassMark値29429
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)18319
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート165Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量2.97kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
Officeソフトなし
カラークォンタム ホワイト
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

DTM・作曲におすすめのノートパソコン【Mac】

Apple MacBook Air M2チップ
画像出典:Apple公式サイト

Apple 15インチ MacBook Air M2チップ(メモリ16GB、ストレージ512GB)

Macのノートパソコンが欲しい方は、2023年発売の「15インチ MacBook Air M2チップ」がおすすめです。

標準モデルはメモリが8GBなので、メモリ16GBにカスタマイズしましょう。

OSmacOS
CPUApple M2チップ
メモリ16GB(カスタマイズ
ストレージSSD 512GB
ディスプレイ解像度2880×1864
ディスプレイサイズ16.2インチ
重量約1.51kg
価格
(税込・送料込)
254,800円
公式サイト

DTM・作曲用ノートパソコンを買うなら、中古はおすすめしない

片方はピカピカの新しいノートパソコン、もう片方は錆びついた古いノートパソコンのイラスト。新しいノートパソコンの方には、緑色のチェックマークがついている。古いノートパソコンの方には赤い「X」マークがあり、古い方を選ぶべきではないことを示している。

なるべく安く購入したいという方は、中古ノートパソコンを視野に入れている方も多いと思います。

しかし、中古ノートパソコンはおすすめできません

理由は以下のとおりです。

  • 古い世代のCPUが使われている可能性がある
  • すぐに壊れる可能性がある
  • バッテリーが劣化している可能性がある
  • メーカー保証を受けられない場合が多い

このようなたくさんのデメリットを抱えたまま作業をするのは、かなり不安です。

せっかく安く購入したくて中古を選んだのに、すぐに使い物にならなくて買い替えるようでは本末転倒です。

そのため、DTM・作曲用ノートパソコンに限らず、パソコンは新品を購入するのがおすすめです。

まとめ

DTM・作曲におすすめのノートパソコン5選【Windows】

DTM・作曲におすすめのWindowsノートパソコン5選は以下のとおりです。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
LOQ 16IRH8 - ストームグレーLenovo LOQ 16IRH8 - ストームグレー
119,790円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-13420H1893816GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop939316.0インチ1920×1200(WUXGA)144HzNTSC 45%2.60kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きなしストームグレーありなし-
2位HP
Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】HP Victus by HP 16-s0011AX モデレートモデル 【C1】
145,200円
123,420円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7640HS2403616GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU1510216.1インチ1920×1080(フルHD)144HzsRGB 約65.7%2.30kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)セラミックホワイトありなし-
3位ASUS
TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)ASUS TUF Gaming F15 FX507ZM (FX507ZM-HN115WS)
229,800円
149,800円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-12700H2632516GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU1339516.0インチ1920×1080(フルHD)144HzsRGB 約65.7%2.20kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きインディーブラックありなし-
4位Lenovo
Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)
311,740円
185,234円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-13500HX2811532GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU1510216.0インチ2560×1600(WQXGA)165HzsRGB 100%2.50kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)オニキスグレーありなし-
5位Dell
New Dell G15 ゲーミング ノートPCDell New Dell G15 ゲーミング ノートPC
183,981円
171,085円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 7 7840HS2942916GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU1831915.6インチ1920×1080(フルHD)165HzsRGB 100%2.97kg約92万画素(HD・720p)-なしクォンタム ホワイトありなし-

DTM・作曲におすすめのノートパソコン【Mac】

DTM・作曲におすすめのMacノートパソコンは以下のとおりです。

Apple MacBook Air M2チップ
画像出典:Apple公式サイト

Apple 15インチ MacBook Air M2チップ(メモリ16GB、ストレージ512GB)

OSmacOS
CPUApple M2チップ
メモリ16GB(カスタマイズ
ストレージSSD 512GB
ディスプレイ解像度2880×1864
ディスプレイサイズ16.2インチ
重量約1.51kg
価格
(税込・送料込)
254,800円
公式サイト