弁護士におすすめのノートパソコン5選【2023年最新】

※このページにはアフィリエイト広告が含まれています。

弁護士として仕事をするため、ノートパソコンの購入を検討しているけど、具体的にどんなスペックを選べば良いか悩んでいる方も多いと思います。

本記事では、弁護士が使うノートパソコンに必要なスペックと、弁護士に最適なコスパの良いノートパソコンのおすすめ6選をご紹介します。

こちらのランキングは、メーカーのセール情報などもチェックしてなるべくコスパが良く、弁護士の業務をスムーズに進められるノートパソコンをご紹介できるよう、都度更新していますので、ぜひ参考にしてみてください!

弁護士はどんなことにノートパソコンを使うの?

弁護士はノートパソコンを使用してさまざまな業務を行います。

具体的には、以下のような用途でノートパソコンを使用します。

  • 文書の作成・編集
    弁護士は契約書、訴状、回答状、意見書、調査報告などの多くの文書を作成する必要があります。Wordなどのソフトを使用してこれらの文書を作成・編集します。
  • リサーチ
    法的な研究を行うためのオンラインデータベースやリソースをインターネットで検索します。例えば、法令や先例、学術論文などを検索します。
  • コミュニケーション
    電子メール、ビデオ会議、オンラインチャットなど、クライアントや他の専門家とのコミュニケーションに使用します。
  • スケジュール管理
    カレンダーアプリケーションやタスク管理ツールを使用して、期限やミーティング、裁判の日程などを管理します。
  • 証拠の管理・分析
    デジタル化された証拠や文書を整理、分析、表示するための専用のソフトを使用することがあります。
  • プレゼンテーション
    裁判所でのプレゼンテーションやクライアントへの説明の際に、スライドやビデオを表示するために使用します。
  • 財務・請求管理
    請求や費用のトラッキング、クライアントへの請求書の発行など、ビジネス運営に関連する業務をサポートするためのソフトを使用します。
  • 法的なデータベースへのアクセス
    一部の弁護士は、法的なデータベースやリファレンスツールへのアクセスを持っており、これにノートパソコンからアクセスすることができます。

これらは弁護士がノートパソコンを使用して行う主な用途の一部ですが、専門分野や業務内容によっては他の用途もあり、ノートパソコンは弁護士にとって必須のツールです。

弁護士におすすめなノートパソコンのスペックの選び方

3dcadやパソコンのイラスト

結論から言うと、弁護士向けのノートパソコンのスペックは、以下がおすすめです。

OS・Windows 10、Windows 11
CPU・Intel Core i5の第11世代以上
・Intel Core i7の第11世代以上
・Intel Core i9の全世代
・Ryzen 5の第五世代(5000番台)以上
・Ryzen 7の全世代
・Ryzen 9の全世代
メモリ8GB以上
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)以上
ディスプレイサイズ13〜16インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)以上
OfficeソフトOffice搭載モデルがおすすめ

OS

Windowsは法人向けパソコンや業務用パソコンとしての採用率が高く、多くの業務アプリやソフトウェアとの互換性があります。

弁護士はクライアント企業のデータやソフトウェアにアクセスする必要があるため、クライアントとスムーズなやり取りを行えるWindowsがおすすめです。

CPU

CPU(Central Processing Unit)は、ノートパソコンの”脳”とも呼ばれる部分であり、指示された計算やタスクを実行する主要なパーツです。

さらに、それぞれのメーカーに様々な種類の製品があります。

例えば、intel社の場合「intel Core i5 10210U」などと表記されます。
「Core i5」の部分がグレード、「10210U」の部分が製品の世代番号のようなもので、どちらも数字が大きいほど性能が良いです。

一般的には、「Core i3」<「Core i5」<「Core i7」と数字が大きくなるにつれて性能が良くなっていくという説明がされますが、正確にはここの数字だけではCPU性能は分かりません

「core i7」でも、世代が古いと性能が悪かったりするので注意が必要です。

そこで、CPUの性能を総合的に判断する指標としておすすめなのが、「PassMark値(Average CPU Mark)」です。

CPUのPassMark値は、「”CPU名” + “PassMark”」で検索すると調べることができます↓(下記画像のオレンジ色の数字がPassMark値。)

画像出典:PASS MARK SOFTWARE公式サイト

PassMark値が8000以上のCPUを選べば、弁護士の業務用パソコンとして、大規模なデータ分析を扱う際や複数のアプリケーションを同時に扱う場合でも、高いパフォーマンスが期待できます。

具体的には、以下のCPUを選べば問題ありません。

  • Intel Core i5の第11世代以上
  • Intel Core i7の第11世代以上
  • Intel Core i9の全世代
  • Ryzen 5の第五世代(5000番台)以上
  • Ryzen 7の全世代
  • Ryzen 9の全世代

メモリ

メモリは主記憶装置のことで、コンピュータの作業スペースのようなものです。

メモリ容量が大きい程、一度にたくさんの処理を行えるため、処理速度も速くなります

ビジネスの現場では、時には多くの情報やアプリケーションを一度に処理する必要が出てくるので、8GB以上のメモリを搭載したノートパソコンを選ぶことをおすすめします。

ストレージ

ストレージはパソコンのデータを保存しておく場所のことです。

ストレージにはHDDとSSDの2種類があります。

SSDはHDDより高価ですが、パソコンの起動やデータの読み書きの速度が速いので、SSDがおすすめです。

弁護士として多岐にわたる情報やデータを保存しておくことを考慮し、256GB以上のSSDを搭載したノートパソコンを選びましょう。

重量

出張が多い弁護士にとって、ノートパソコンの重量は非常に重要です。

1.5kg前後の重量のモデルを選ぶことで、持ち運びやすく、出張先やカフェなどで作業する際や、リモートワークやテレワークにも便利です。

Webカメラ

近年、テレワークやリモートワークが普及してきたことで、Webカメラの性能もビジネスシーンでの重要な要素となってきました。

特に弁護士はクライアントとのオンライン打ち合わせが多く、クリアな映像でのコミュニケーションが求められるため、約92万画素(HD・720p)以上のWebカメラを搭載したノートパソコンを選びましょう。

ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズは、作業の見やすさや持ち運びの便利さに影響します。

十分な作業スペースを確保しつつ、持ち運びやすさも両立している13〜16インチのモデルを選ぶことで、外出先や移動中でもストレスなく作業を行うことができます。

ディスプレイ解像度

ディスプレイ解像度が高いと、資料作成やデータ分析時にも詳細な情報を確認することができます。

そのため、1920×1080(フルHD)以上の解像度を持つノートパソコンを選びましょう。

最近発売されているノートパソコンのほとんどは、安いモデルでも1920×1080(フルHD)以上のディスプレイを搭載しているので安心です。

Officeソフト

弁護士は、Word・Excel・PowerPointなどのOfficeソフトで契約書、訴状、回答状、意見書、調査報告などの多くの文書作成を行うので、最初からOfficeが搭載されているノートパソコンを選ぶと便利です。

弁護士におすすめなノートパソコン5選

弁護士に最適なコスパ最強のノートパソコンを、おすすめ順にランキング形式でまとめました。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付きLenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
79,860円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U978316GB512GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス14.0インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.40kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし-
2位Dell
New Inspiron 15 ノートパソコンDell New Inspiron 15 ノートパソコン
85,299円
76,763円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 3 7320U92098GB256GB SSDAMD Radeon グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)120HzsRGB 約60.0%1.63kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きプラチナシルバーありなし-
3位HP
HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】HP HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】
87,900円
79,111円
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 3 7320U92098GB256GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)60HzsRGB 約60.0%1.59kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きナチュラルシルバーなしなし・指紋認証機能付き
4位Dell
Inspiron 14 ノートパソコンDell Inspiron 14 ノートパソコン
88,200円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7530U161178GB256GB SSDAMD Radeon グラフィックス14.0インチ1920×1200(WUXGA)60HzsRGB 約62.2%1.59kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きプラチナシルバーなしなし・指紋認証機能付き
5位Lenovo
V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付きLenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
86,900円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U97838GB256GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.65kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きブラックありなし・180°開閉ディスプレイ

1位Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き

Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
画像出典:Lenovo公式サイト

79,860円(税込)

Lenovoの14インチのフルHD液晶ノートパソコンです。

Microsoft Office Home & Business 2021」がインストールされているので、すぐにOfficeソフトが使用できます

CPUはAMD Ryzen 5 7520Uを搭載しており、軽い動画編集も可能なほど高性能です。

ストレージは大容量の512GB SSDを搭載しているので、重いデータを扱いたい方も安心です。

わずか17.9mmのスリムなボディを採用しており、重量も約1.4kgと軽量なので、気軽に持ち運ぶことができます。

バッテリーも大容量なので、外出先でも安心して使用できます。

この高性能さで8万円以下なので、コスパが圧倒的に良いです。

Lenovo公式サイトなら割引価格で購入できます。

「Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • コスパが圧倒的に良い。
  • SSDが512GBと大容量なので重めのデータも安心。
  • 軽量薄型ボディーで持ち運びに便利
  • 色域カバー率が45%NTSCと低めなので、画像編集や動画編集などのクリエイター向けのソフトには向かない。

スペック一覧

1位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)79,860円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7520U
CPUのPassMark値9783
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUAMD Radeon 610M グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)1277
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量1.40kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラークラウドグレー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

2位Dell New Inspiron 15 ノートパソコン

Dell New Inspiron 15 ノートパソコン
画像出典:Dell公式サイト

85,299円(税込)
76,763円(税込)

Dellの15.6インチ・フルHDノートパソコンです。

CPUはAMD Ryzen 3 7320U、メモリは8GBで普段使いには十分な性能なので、Officeソフトを使用しながらインターネットで動画を見たりと、複数の作業をする場合も安心です。

Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できます

とにかくコスパが良く、少しでも安く普段使いできるノートパソコンが欲しいという方におすすめです。

Dell公式サイトで購入できます。

「Dell New Inspiron 15 ノートパソコン」のメリット・デメリット

  • Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できる
  • 価格が安い
  • 本体重量が約1.63kgと同性能の他のPCと比較して重め

スペック一覧

2位Dell
New Inspiron 15 ノートパソコン
画像Dell New Inspiron 15 ノートパソコン
価格(税込)85,299円
76,763円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 3 7320U
CPUのPassMark値9209
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
GPUAMD Radeon グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート120Hz
色域カバー率sRGB 約60.0%
重量1.63kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラープラチナシルバー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

3位HP HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】

HP 15-fc0001AU
画像出典:HP公式サイト

87,900円(税込)
79,111円(税込)

HPの15.6インチのフルHD液晶ノートパソコンです。

標準モデルはOfficeソフトが付いていませんが、カスマイズで「Microsoft Office Home & Business 2021」が付いてきます。

CPUはAMD Ryzen 3 7320Uを搭載しており、軽い動画編集も可能なほど高性能です。

指紋認証機能が付いているので、セキュリティに配慮しながら素早くログインできます。

HP公式サイトiconで購入できます。

「HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】」のメリット・デメリット

  • 指紋認証機能付きで素早くログイン可
  • キーボードはバックライトなし

スペック一覧

3位HP
HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】
画像HP HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】
価格(税込)87,900円
79,111円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 3 7320U
CPUのPassMark値9209
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
GPUAMD Radeon 610M グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 約60.0%
重量1.59kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラーナチュラルシルバー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証機能付き

ランキングに戻る↑

4位Dell Inspiron 14 ノートパソコン

Dell Inspiron 14 ノートパソコン
画像出典:Dell公式サイト

88,200円(税込)

Dellの14インチ・WUXGA高画質ノートパソコンです。

CPUはAMD Ryzen 5 7530U、メモリは8GBで普段使いには十分な性能なので、Officeソフトを使用しながらインターネットで動画を見たりと、複数の作業をする場合も安心です。

Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できます。

WebカメラはフルHDで高画質なのに加え、プライバシーシャッター付きなのでWebミーティングなどにもおすすめです。

指紋認証機能付きなので、セキュリティに配慮した上で素早くログインできます。

Dell公式サイトで購入できます。

「Dell Inspiron 14 ノートパソコン」のメリット・デメリット

  • Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できる
  • Webカメラが約207万画素(フルHD・1080p)と高画質かつ、プライバシーシャッター付き
  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で非常に高画質
  • 指紋認証機能付き
  • 色域カバー率がsRGB 約62.2%とやや低め

スペック一覧

4位Dell
Inspiron 14 ノートパソコン
画像Dell Inspiron 14 ノートパソコン
価格(税込)88,200円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7530U
CPUのPassMark値16117
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
GPUAMD Radeon グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1200(WUXGA)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 約62.2%
重量1.59kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラープラチナシルバー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証機能付き

ランキングに戻る↑

5位Lenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き

Lenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
画像出典:Lenovo公式サイト

86,900円(税込)

Lenovoの15.6インチのフルHD液晶ノートパソコンです。

Microsoft Office Home & Business 2021」がインストールされているので、すぐにOfficeソフトが使用できます

CPUはAMD Ryzen 3 7320Uを搭載しており、軽い動画編集も可能なほど高性能です。

ディスプレイが180°開閉するので、対面で画面を共有する場合にも便利です。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • ディスプレイが180°開閉可能。
  • 色域カバー率が45%NTSCと低めなので、画像編集や動画編集などのクリエイター向けのソフトには向かない。
  • 樹脂製のボディがやや高級感に欠ける。

スペック一覧

5位Lenovo
V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)86,900円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7520U
CPUのPassMark値9783
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
GPUAMD Radeon 610M グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)1277
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量1.65kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラーブラック
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴・180°開閉ディスプレイ

ランキングに戻る↑

まとめ

弁護士におすすめなノートパソコン5選は以下のとおりです。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付きLenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
79,860円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U978316GB512GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス14.0インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.40kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし-
2位Dell
New Inspiron 15 ノートパソコンDell New Inspiron 15 ノートパソコン
85,299円
76,763円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 3 7320U92098GB256GB SSDAMD Radeon グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)120HzsRGB 約60.0%1.63kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きプラチナシルバーありなし-
3位HP
HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】HP HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】
87,900円
79,111円
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 3 7320U92098GB256GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)60HzsRGB 約60.0%1.59kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きナチュラルシルバーなしなし・指紋認証機能付き
4位Dell
Inspiron 14 ノートパソコンDell Inspiron 14 ノートパソコン
88,200円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7530U161178GB256GB SSDAMD Radeon グラフィックス14.0インチ1920×1200(WUXGA)60HzsRGB 約62.2%1.59kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きプラチナシルバーなしなし・指紋認証機能付き
5位Lenovo
V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付きLenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
86,900円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U97838GB256GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.65kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きブラックありなし・180°開閉ディスプレイ