機械学習・ディープラーニングにおすすめのノートPC5選【スペックの選び方も解説】

※このページにはアフィリエイト広告が含まれています。

機械学習・ディープラーニング用にノートパソコンを買いたいけど、種類多すぎて、何を選べば良いか悩んでいる方も多いと思います。

そこで本記事では、機械学習・ディープラーニングを行うのに十分なスペックを持ち、かつコスパの良いおすすめのノートパソコンをランキング形式でご紹介します!

こちらのランキングは、メーカーのセール情報などもチェックしてなるべくコスパの良い機械学習・ディープラーニング用ノートパソコンをご紹介できるよう、都度更新していますので、ぜひ参考にしてみてください!

機械学習・ディープラーニング用ノートパソコンのスペックの選び方

はじめに、機械学習・ディープラーニング用ノートパソコンにおすすめのスペックをまとめました。

CPUPassMark値14000以上。
具体的には、以下のCPU。

・Intel Core i5の第12世代以上
・Intel Core i7の第12世代以上
・Intel Core i9の全世代
・Ryzen 7の全世代
・Ryzen 9の全世代
・Apple社のCPU
メモリ16GB以上
グラフィックボードNVIDIA GeForce GTX 1650以上。
具体的には、以下のグラフィックボード。

・NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
・NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop
・NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop
・NVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
・NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
・NVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU
ストレージSSD 512GB以上
ディスプレイ解像度1920 x 1080(フルHD)以上

それぞれのスペックの選び方を解説します。

OS

使用する機械学習ツールやライブラリに対応しているOSを選択します。

「Python」「R」「Julia」などの機械学習で使われるプログラミング言語や、「TensorFlow」「Keras」などのディープラーニングで使われるライブラリ・ニューラルネットワークAPIの多くは、Windows、macOS、Linux全てがサポートされているので、基本的にはどれを選んでもOKです。

特にこだわりがない場合は、多くのアプリやハードウェアと互換性が高く拡張性も高いWindowsか、オープンソースでバリエーションも豊富なLinuxがおすすめです。

ただし、特定のツールは特定のOSでしか動作しないことがあるので、具体的に使用するツールが決まっている場合は、対応OSを確認しましょう。

CPU

CPU

CPU(Central Processing Unit)は、ノートパソコンの”脳”とも呼ばれる部分であり、指示された計算やタスクを実行する主要なパーツです。

さらに、それぞれのメーカーに様々な種類の製品があります。

例えば、intel社の場合「intel core i5 10210U」などと表記されます。
「core i5」の部分がグレード、「10210U」の部分が製品の世代番号のようなもので、どちらも数字が大きいほど性能が良いです。

一般的には、「core i3」<「core i5」<「core i7」と数字が大きくなるにつれて性能が良くなっていくという説明がされますが、正確にはここの数字だけではCPU性能は分かりません

「core i7」でも、世代が古いと性能が悪かったりしますので、注意が必要です。

そこで、CPUの性能を総合的に判断する指標としておすすめなのが、「PassMark値(Average CPU Mark)」です。

CPUのPassMark値は、「”CPU名” + “PassMark”」で検索すると調べることができます↓(下記画像のオレンジ色の数字がPassMark値。)

画像出典:PASS MARK SOFTWARE公式サイト

機械学習・ディープラーニングにおいては、データの前処理・軽量モデルの訓練・アルゴリズムの実行など・多くの基本的な計算タスクを行い、高い処理能力が求められるため、PassMark値が14000以上のCPUを選びましょう。

具体的には、以下のCPUを選べば問題ありません。

  • Intel Core i5の第12世代以上
  • Intel Core i7の第12世代以上
  • Intel Core i9の全世代
  • Ryzen 7の全世代
  • Ryzen 9の全世代
  • Apple社のM1チップ、M2チップ

メモリ

メモリ

メモリは主記憶装置のことで、コンピュータの作業スペースのようなものです。

機械学習・ディープラーニングにおいては、大量のデータを一時的に保持し、高速アクセスを可能にします。

メモリが大きいほど、より大きなデータセットの処理や複数のタスクの同時実行がスムーズに行えるので、メモリは16GB以上がおすすめです。

グラフィックボード

グラフィックボード

グラフィックボード、別名GPU(Graphics Processing Unit)は、視覚的な計算を行うための専門的なパーツです。

ディープラーニングでは特に重要で、大量の並列処理能力を活用して複雑な計算を高速に行います。

グラフィックボードの性能は作業効率に影響するため、性能とコストのバランスが取れた、以下のモデルを選びましょう。

  • NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
  • NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop
  • NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop
  • NVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
  • NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
  • NVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU

ストレージ

内部部品が露出したオープン・ノートパソコンの写真で、SSDが中央に大きく配置されているのがわかる。SSDチップセットとコネクタのクローズアップ写真。背景には、SSDの技術仕様とアーキテクチャの詳細を示す青写真スタイルの図が描かれています。

ストレージはパソコンのデータを保存しておく場所のことです。

ストレージにはHDDとSSDの2種類があります。

SSDはHDDより高価ですが、パソコンの起動やデータの読み書きの速度が速いので、SSDがおすすめです。

機械学習・ディープラーニングで大量のデータセットや複数のモデルバージョンを保存する場合、多くの容量が必要となるので、ストレージの容量は512GB以上のモデルを選びましょう。

もし容量が足りなくなった場合は、クラウドストレージや、外付けハードディスクを購入することで十分対応可能です。

ディスプレイサイズ

柔らかなグラデーションを背景にノートパソコンのディスプレイを並べたイラスト。ディスプレイは小型から大型まで明確に区別されている。各ディスプレイには、「11インチ」「13.3インチ」「15.6インチ」「17.3インチ」など、サイズが正確に表示されている。画面はソフトな輝きを放ち、鮮明さと解像度を強調している。

機械学習・ディープラーニングを行う場合、ディスプレイサイズが大きいほど、複数のウィンドウやパネルを同時に表示できるため、効率よく作業を進めることができます。

ただし、ディスプレイサイズが大きすぎると本体重量が重くなり、持ち運びづらくなります。

そのため、作業性と持ち運びやすさが両立された、14〜16インチのノートパソコンがおすすめです。

ディスプレイ解像度

机の上に2台のノートパソコンを並べて比較する人の写真。一方のノートパソコンは標準HDディスプレイ、もう一方は4K解像度を誇る。両者の鮮明さ、色の深さ、シャープネスの違いは明らかだ。それぞれのノートパソコンの上には、「1080p HD」と「4K UHD」を示すラベルが浮かんでいる。

機械学習・ディープラーニングを行う際、ディスプレイ解像度が高い方が、データを詳細に確認しやすいです。

そのため、フルHD(1920×1080)以上のディスプレイが搭載されたモデルを選択しましょう。

機械学習・ディープラーニングにおすすめのノートパソコン5選

機械学習・ディープラーニングを快適に行うのにおすすめなコスパ最強のノートパソコンを、おすすめ順にランキング形式でまとめました。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
LOQ 15IRX9 - ルナグレーLenovo LOQ 15IRX9 - ルナグレー
157,850円
154,880円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-13650HX3166616GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU1831915.6インチ1920×1080(フルHD)144HzAdobeRGB 100%2.38kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きなしルナグレーありなし・180°開閉ディスプレイ
2位Lenovo
Legion 5i Gen 9:カスタマイズモデルLenovo Legion 5i Gen 9:カスタマイズモデル
157,190円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-13450HX2489516GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU1466716.0インチ2560×1600(WQXGA)165HzsRGB 100%2.30kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)ルナグレーありなし-
3位マウスコンピューター
DAIV Z6-I7G50SR-Aマウスコンピューター DAIV Z6-I7G50SR-A
189,800円Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-12650H2365616GB500GB SSDNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPU939316.0インチ2560×1600(WQXGA)60HzsRGB 100%1.59kg約207万画素(フルHD・1080p)・顔認証機能付きなし(Office 2021搭載モデルもあり)シルバーありなし-
4位HP
OMEN by HP 16-wf0022TX パフォーマンスモデルHP OMEN by HP 16-wf0022TX パフォーマンスモデル
280,460円
220,000円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-13700HX3414016GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU1831916.1インチ2560×1440(WQHD)240HzsRGB 100%2.44kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)ブラックなしなし-
5位Dell
G15 ゲーミングノートパソコンDell G15 ゲーミングノートパソコン
161,830円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 7 7840HS2904316GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU1831915.6インチ1920×1080(フルHD)165HzsRGB 100%2.97kg約92万画素(HD・720p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)クォンタム ホワイトありなし-

1位Lenovo LOQ 15IRX9 - ルナグレー

Lenovo LOQ 15IRX9 - ルナグレー
画像出典:Lenovo公式サイト

157,850円(税込)
154,880円(税込)

Lenovoの高性能ゲーミングノートパソコンです。

CPUは高性能なインテル Core i7-13650HX、メモリは16GB、GPUはNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPUを搭載しており、動画編集や3Dモデリング、ゲーム開発などの負荷の高い作業も快適です。

コスパが非常に良いので、高性能なノートパソコンを少しでも安く購入したい方におすすめです。

色域カバー率がAdobeRGB 100%で色再現性が非常に高いので、鮮明な映像が楽しめるのに加え、クリエイティブな用途にも向いています。

WebカメラがフルHDで高画質なので、Webミーティングで鮮明な映像が提供できます。

また、Webカメラはプライバシーシャッター付きなので、不意な映り込みを防止できます。

ディスプレイが180°回転するので、対面でも素早く画面共有できます。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo LOQ 15IRX9 - ルナグレー」のメリット・デメリット

  • コスパが非常に良い
  • CPUが高性能
  • 色域カバー率がAdobe RGB 100%で色再現性が非常に高い
  • WebカメラがフルHDで高画質
  • Webカメラがプライバシーシャッター付き
  • ディスプレイが180°回転する
  • 特になし

スペック一覧

1位Lenovo
LOQ 15IRX9 - ルナグレー
画像Lenovo LOQ 15IRX9 - ルナグレー
価格(税込)157,850円
154,880円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i7-13650HX
CPUのPassMark値31666
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)18319
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート144Hz
色域カバー率AdobeRGB 100%
重量2.38kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
Officeソフトなし
カラールナグレー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴・180°開閉ディスプレイ

ランキングに戻る↑

2位Lenovo Legion 5i Gen 9:カスタマイズモデル

Lenovo Legion 5i Gen 9
画像出典:Lenovo公式サイト

157,190円(税込)

Lenovoの16インチ ゲーミングPCです。

標準モデルにはOfficeソフトは付いていませんが、公式サイトにて割安価格で「Microsoft Office Home & Business 2021」付きにカスタマイズできます

CPUは高性能なインテル Core i5-13450HX、メモリは16GB、GPUはNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPUを搭載しており、重めのゲームや動画編集などの負荷の高いソフトも快適に作業できます。

ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で超高画質なので、鮮明な映像を楽しめます。

WebカメラもフルHDで高画質なので、Webミーティングにもおすすめです。

また、色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高いので、デザインなどのクリエイティブな用途にも向いています。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo Legion 5i Gen 9:カスタマイズモデル」のメリット・デメリット

  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で超高画質
  • 色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高いので、デザインなどのクリエイティブな用途にも向いている
  • WebカメラがフルHDで高画質
  • 本体重量がやや重め

スペック一覧

2位Lenovo
Legion 5i Gen 9:カスタマイズモデル
画像Lenovo Legion 5i Gen 9:カスタマイズモデル
価格(税込)157,190円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i5-13450HX
CPUのPassMark値24895
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)14667
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート165Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量2.30kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考-
Officeソフトなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)
カラールナグレー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

3位マウスコンピューター DAIV Z6-I7G50SR-A

マウスコンピューター DAIV Z6-I7G50SR-A
画像出典:マウスコンピューター公式サイト

189,800円(税込)

マウスコンピューターのクリエイティブ用途向けの16インチノートパソコンです。

CPUはインテル Core i7-12650H、メモリは16GB、GPUはNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPUを搭載しており、重めのゲームや動画編集などの負荷の高いソフトも快適に作業できます。

ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で非常に高画質なので、鮮明な映像が楽しめます。

WebカメラはフルHDで高画質なので、Webミーティングなどにもおすすめです。

また、Webカメラは顔認証機能がついているので、セキュリティに配慮した上で素早くログインできます。

マウスコンピューター公式サイトで購入できます。

「マウスコンピューター DAIV Z6-I7G50SR-A」のメリット・デメリット

  • CPUが高性能
  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で非常に高画質
  • ディスプレイのsRGBカバー率が100%と広いので鮮やかな映像を楽しめる
  • 重量が約1.59kgと、同性能のPCと比較してかなり軽い
  • WebカメラがフルHDで高画質、且つ顔認証機能付き
  • リフレッシュレートが60Hzと普通なのでゲームには向かない

スペック一覧

3位マウスコンピューター
DAIV Z6-I7G50SR-A
画像マウスコンピューター DAIV Z6-I7G50SR-A
価格(税込)189,800円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i7-12650H
CPUのPassMark値23656
メモリ16GB
ストレージ500GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)9393
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量1.59kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・顔認証機能付き
Officeソフトなし(Office 2021搭載モデルもあり)
カラーシルバー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

4位HP OMEN by HP 16-wf0022TX パフォーマンスモデル

HP OMEN by HP 16-wf0023TX
画像出典:HP公式サイト

280,460円(税込)
220,000円(税込)

HPの16インチの高性能ゲーミングPCです。

メモリは16GB、CPUはインテル Core i7-13650HX、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPUを搭載しており、動画編集や3Dモデリング、ゲーム開発などの負荷の高い作業も快適です。

ストレージは1TBなので、高容量のデータも安心して保存できます。

ディスプレイ解像度は2560×1440(WQHD)で非常に高画質なので、鮮明な映像を楽しめます。

色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高いので、クリエイティブな用途に向いています。

リフレッシュレートが240Hzなので、非常に滑らかな映像が楽しめます。

WebカメラがフルHDで高画質なので、Webミーティングにもおすすめです。

HP公式サイトiconで購入できます。

「HP OMEN by HP 16-wf0022TX パフォーマンスモデル」のメリット・デメリット

  • ストレージが1TBで大容量
  • ディスプレイ解像度が2560×1440(WQHD)で非常に高画質
  • リフレッシュレートが240Hzなので、非常に滑らかな映像が楽しめる
  • 色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高い
  • WebカメラがフルHDで高画質
  • 本体重量が2.44kgとやや重め

スペック一覧

4位HP
OMEN by HP 16-wf0022TX パフォーマンスモデル
画像HP OMEN by HP 16-wf0022TX パフォーマンスモデル
価格(税込)280,460円
220,000円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i7-13700HX
CPUのPassMark値34140
メモリ16GB
ストレージ1TB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)18319
ディスプレイサイズ16.1インチ
ディスプレイ解像度2560×1440(WQHD)
最大リフレッシュレート240Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量2.44kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考-
Officeソフトなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)
カラーブラック
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

5位Dell G15 ゲーミングノートパソコン

New Dell G15 ゲーミング ノートPC
画像出典:Dell公式サイト

161,830円(税込)

Dellの1.6インチ・フルHDノートパソコンです。

メモリは16GB、CPUは高性能なAMD Ryzen 7 7840HS、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPUを搭載しており、動画・映画鑑賞や文書作成などの日常使いはもちろん、重めの動画編集や負荷の高い3Dオンラインゲームもこなせるほど高性能です。

リフレッシュレートが165Hzと高いので、滑らかな映像が楽しめます。

色域カバー率はsRGB100%で色再現性が高いので、鮮明な映像が楽しめます。

Dell公式サイトで購入できます。

「Dell G15 ゲーミングノートパソコン」のメリット・デメリット

  • CPUが非常に高性能
  • グラフィックボードが非常に高性能
  • リフレッシュレートが165Hzと高いので、滑らかな映像が楽しめる
  • 色域カバー率がsRGB100%で色再現性が高い
  • 本体重量が2.97kgと重い

スペック一覧

5位Dell
G15 ゲーミングノートパソコン
画像Dell G15 ゲーミングノートパソコン
価格(税込)161,830円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 7 7840HS
CPUのPassMark値29043
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)18319
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート165Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量2.97kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
Officeソフトなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)
カラークォンタム ホワイト
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

まとめ

機械学習・ディープラーニングにおすすめのノートパソコン5選

機械学習・ディープラーニングを快適に行うのにおすすめなコスパ最強のノートパソコンを、おすすめ順にランキング形式でまとめました。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
LOQ 15IRX9 - ルナグレーLenovo LOQ 15IRX9 - ルナグレー
157,850円
154,880円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-13650HX3166616GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU1831915.6インチ1920×1080(フルHD)144HzAdobeRGB 100%2.38kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きなしルナグレーありなし・180°開閉ディスプレイ
2位Lenovo
Legion 5i Gen 9:カスタマイズモデルLenovo Legion 5i Gen 9:カスタマイズモデル
157,190円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-13450HX2489516GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU1466716.0インチ2560×1600(WQXGA)165HzsRGB 100%2.30kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)ルナグレーありなし-
3位マウスコンピューター
DAIV Z6-I7G50SR-Aマウスコンピューター DAIV Z6-I7G50SR-A
189,800円Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-12650H2365616GB500GB SSDNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPU939316.0インチ2560×1600(WQXGA)60HzsRGB 100%1.59kg約207万画素(フルHD・1080p)・顔認証機能付きなし(Office 2021搭載モデルもあり)シルバーありなし-
4位HP
OMEN by HP 16-wf0022TX パフォーマンスモデルHP OMEN by HP 16-wf0022TX パフォーマンスモデル
280,460円
220,000円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-13700HX3414016GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU1831916.1インチ2560×1440(WQHD)240HzsRGB 100%2.44kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)ブラックなしなし-
5位Dell
G15 ゲーミングノートパソコンDell G15 ゲーミングノートパソコン
161,830円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 7 7840HS2904316GB512GB SSDNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU1831915.6インチ1920×1080(フルHD)165HzsRGB 100%2.97kg約92万画素(HD・720p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)クォンタム ホワイトありなし-