「Microsoft Flight Simulator」におすすめのノートパソコン5選【推奨スペックと選び方も解説】

※このページにはアフィリエイト広告が含まれています。

「Microsoft Flight Simulator(MSFS2020)」を快適にプレイするため、ノートパソコンを購入したいけど、具体的にどんなスペックを選べば良いか悩んでいる方も多いと思います。

そこで本記事では、「Microsoft Flight Simulator」を快適にプレイするために必要なノートパソコンのスペックと、「Microsoft Flight Simulator」におすすめの安いノートパソコンのおすすめ5選をご紹介します。

こちらのランキングは、メーカーのセール情報などもチェックしてなるべくコスパが良く、且つ「Microsoft Flight Simulator」が快適にできるノートパソコンをご紹介できるよう、都度更新していますので、ぜひ参考にしてみてください!

「Microsoft Flight Simulator」はノートパソコンでもプレイできる?

画像出典:「Microsoft Flight Simulator」公式サイト

「Microsoft Flight Simulator」はノートパソコンでもプレイできます

ただし、ノートパソコンで快適にプレイするためには、十分な処理性能・グラフィックス性能を持ったノートパソコンを選ぶ必要があります。

ノートパソコンの性能が不足している場合、フレームレートが低くなったり、画面が遅延したりして、「Microsoft Flight Simulator」を快適にプレイできなくなります。

この記事では、「Microsoft Flight Simulator」を快適に楽しむために推奨されるノートパソコンのスペックや、コストパフォーマンスに優れたおすすめのモデルを紹介します。

「Microsoft Flight Simulator」用ノートパソコンの動作環境・推奨スペック

画像出典: 「Microsoft Flight Simulator」Steam配信ページ

まずは、「Microsoft Flight Simulator」の公式サイトで公開されている、パソコンの動作環境(推奨スペック)をご紹介します。

スペック必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10Windows 10
CPUIntel i5-4460
AMD Ryzen 3 1200
Intel i5-8400
AMD Ryzen 5 1500X
メモリ8 GB RAM16 GB RAM
グラフィックボードNVIDIA GTX 770
AMD Radeon RX 570
NVIDIA GTX 970
AMD Radeon RX 590
ストレージ150 GB の空き容量150 GB の空き容量

上記のスペックは、「Microsoft Flight Simulator」をプレイできる最低限のスペックなので、高画質・60fpsで楽しむには、もっと高性能なスペックが求められます。

「Microsoft Flight Simulator」を高画質・60fpsで快適にプレイすることができる具体的なスペックは、以下のとおりです。

OS・Windows 10以降(64bit版)
CPU・Intel Core i5の第13世代以上
・Intel Core i7の第12世代以上
・Intel Core i9の全世代
・Ryzen 7の全世代
・Ryzen 9の全世代
メモリ32GB以上
グラフィックボードNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptopクラス以上
ストレージSSD 512GB以上
ディスプレイ解像度フルHD(1920×1080)以上
リフレッシュレート144Hz以上

それぞれのスペックの詳しい選び方については、次の章で解説します。

「Microsoft Flight Simulator」用ノートパソコンのスペックの選び方

CPU

清潔な白を背景に置かれた1個のノートパソコン用CPUチップの写真。チップの複雑なディテールとピンがはっきりと見え、その複雑さが強調されている。

CPU(Central Processing Unit)は、ノートパソコンの”脳”とも呼ばれる部分であり、指示された計算やタスクを実行する主要なパーツです。

CPUには様々な種類の製品があります。

例えば、intel社の場合「intel Core i5 10210U」などと表記されます。
「Core i5」の部分がグレード、「10210U」の部分が製品の世代番号のようなもので、どちらも数字が大きいほど性能が良いです。

一般的には、「Core i3」<「Core i5」<「Core i7」と数字が大きくなるにつれて性能が良くなっていくという説明がされますが、正確にはここの数字だけではCPU性能は分かりません

「core i7」でも、世代が古いと性能が悪かったりするので注意が必要です。

そこで、CPUの性能を総合的に判断する指標としておすすめなのが、「PassMark値(Average CPU Mark)」です。

CPUのPassMark値は、「”CPU名” + “PassMark”」で検索すると調べることができます↓(下記画像のオレンジ色の数字がPassMark値。)

画像出典:PASS MARK SOFTWARE公式サイト

CPUはPCの処理能力の中心であり、ゲームのパフォーマンスに大きな影響を与えるので、PassMark値が20000以上のノートパソコンを選びましょう。

具体的には、概ね以下を目安に選べば問題ありません。

  • Intel Core i5の第13世代以上
  • Intel Core i7の第12世代以上
  • Intel Core i9の全世代
  • Ryzen 7の全世代
  • Ryzen 9の全世代

メモリ

バイナリーコードパターンを背景にRAMモジュールをクローズアップした写真。モジュールの1つに貼られたラベルにはアルファベットで「RAM」と書かれている。

メモリは主記憶装置のことで、コンピュータの作業スペースのようなものです。

メモリ容量が大きい程、一度にたくさんの処理を行えるため、処理速度も速くなります

メモリが不足していると、ゲームプレイ中のラグやフリーズが発生する可能性があります。

「Microsoft Flight Simulator」を高画質・60fpsで快適にプレイするには、32GB以上のメモリが搭載されたモデルを選ぶと安心です。

GPU(グラフィックボード)

グラフィックボード

グラフィックボード、別名GPU(Graphics Processing Unit)は、視覚的な計算を行うための専門的なパーツです。

オンラインゲームをプレイする場合、グラフィックボードの性能が不足していると、画面がカクつきます。

「Microsoft Flight Simulator」を高画質・60fpsで快適にプレイするには、NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptopクラス以上のグラフィックボードが搭載されたモデルを選びましょう。

ストレージ

内部部品が露出したオープン・ノートパソコンの写真で、SSDが中央に大きく配置されているのがわかる。SSDチップセットとコネクタのクローズアップ写真。背景には、SSDの技術仕様とアーキテクチャの詳細を示す青写真スタイルの図が描かれています。

ストレージはパソコンのデータを保存しておく場所のことです。

ストレージにはHDDとSSDの2種類があります。

SSDはHDDより高価ですが、パソコンの起動やデータの読み書きの速度が速く、「Microsoft Flight Simulator」をプレイする場合、SSDを選択するのが必須です。

容量については、「Microsoft Flight Simulator」のインストール自体に150GBが必要となるのに加え、ある程度余力を残しておいた方が動作が重くなりづらいので、最低でも512GB以上、できれば1TB以上のストレージが搭載されたノートパソコンを選んでおくと安心です。

ディスプレイサイズ

柔らかなグラデーションを背景にノートパソコンのディスプレイを並べたイラスト。ディスプレイは小型から大型まで明確に区別されている。各ディスプレイには、「11インチ」「13.3インチ」「15.6インチ」「17.3インチ」など、サイズが正確に表示されている。画面はソフトな輝きを放ち、鮮明さと解像度を強調している。

ディスプレイサイズが大きいほど、視野が広くなるのに加え、「Microsoft Flight Simulator」の世界により深く没入することができます。

ただし、ディスプレイサイズが大きすぎると、本体重量が重くなって持ち運びにくくなります。

そのため、重量とのバランスが取れた15〜16インチのノートパソコンがおすすめです。

ディスプレイ解像度

机の上に2台のノートパソコンを並べて比較する人の写真。一方のノートパソコンは標準HDディスプレイ、もう一方は4K解像度を誇る。両者の鮮明さ、色の深さ、シャープネスの違いは明らかだ。それぞれのノートパソコンの上には、「1080p HD」と「4K UHD」を示すラベルが浮かんでいる。

「Microsoft Flight Simulator」をプレイする場合、ノートパソコンのディスプレイ解像度が高いほど、ゲーム内のテクスチャやオブジェクトの細部をより鮮明に確認できるため、より高い没入感が得られます。

そのため、フルHD(1920×1080)以上のディスプレイが搭載されたノートパソコンを選びましょう。

リフレッシュレート

リフレッシュレートは画面が1秒間に更新する回数で、値が高いほど滑らかな動きが得られます。

特に動きの速いゲームで重要になってくるスペックです。

「Microsoft Flight Simulator」はシミュレーションゲームなので、そこまで高いリフレッシュレートは必要としていません。

「Microsoft Flight Simulator」は60fpsのリフレッシュレートでも楽しめますが、より滑らかな映像で楽しみたい方や、他のFPSゲームなどもプレイしたい方は、144Hz以上のモデルを選びましょう。

「Microsoft Flight Simulator」におすすめのノートパソコン5選

「Microsoft Flight Simulator」を高画質で快適にプレイできるコスパ最強のWindowsノートパソコンを、おすすめ順にランキング形式でまとめました。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
Legion Pro 5 Gen 8 : アドバンス(RTX4070)Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 : アドバンス(RTX4070)
366,190円
220,990円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 7 7745HX3290232GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1975716.0インチ2560×1600(WQXGA)165HzsRGB 100%2.50kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)オニキスグレーありなし・デュアルマイクロホン付き
2位マウスコンピューター
G-Tune E6-A7G70BK-Aマウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A
279,800円
239,800円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 7 7840HS2895932GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1948816.0インチ2560×1600(WQXGA)240HzsRGB 100%2.19kg約207万画素(フルHD・1080p)・顔認証機能付きなしブラックありなし-
3位Lenovo
Legion Pro 5i Gen 8:アドバンス(RTX4070)Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:アドバンス(RTX4070)
392,040円
236,500円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-13700HX3414032GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1948816.0インチ2560×1600(WQXGA)240HzsRGB 100%2.50kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)オニキスグレーありなし-
4位Lenovo
Legion Slim 7i Gen 8:アドバンス(RTX4070)Lenovo Legion Slim 7i Gen 8:アドバンス(RTX4070)
404,690円
284,240円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i9-13900H(14コア20スレッド)3035232GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1975716.0インチ3200×2000(4K)165HzDCI-P3 100%2.00kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)ストームグレーありなし・指紋認証機能付き
・デュアルマイクロホン付き
5位ASUS
ROG Strix G16 G614JIASUS ROG Strix G16 G614JI
329,800円
299,800円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i9-13980HX4828032GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1975716.0インチ2560×1600(WQXGA)240HzDCI-P3 100%2.50kg約92万画素(HD・720p)-なしボルトグリーンなしなし-

1位Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 : アドバンス(RTX4070)

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8
画像出典:Lenovo公式サイト

366,190円(税込)
220,990円(税込)

Lenovoの16インチWQXGA液晶ゲーミングノートパソコンです。

メモリは32GB、CPUはAMD Ryzen 7 7745HX、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPUを搭載しており、負荷の高い動画編集やゲーム、複雑で繊細な3Dモデリングや物理シミュレーションも快適です。

2560×1600(WQXGA)の高画質ディスプレイを搭載しているため、非常にクリアな映像を楽しむことができます。

マイクはデュアルマイクロホンが採用されているので、オンライン会議でクリアな音声を提供できたり、音声データを利用したビデオコンテンツを制作する際に高品質な音声データを入力できます。

Lenovo公式サイトでセール価格で購入できます。

「Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 : アドバンス(RTX4070)」のメリット・デメリット

  • CPU性能が非常に高い
  • メモリが32GBと大容量
  • ストレージが1TBと大容量
  • グラフィックボードが非常に高性能
  • リフレッシュレートが165Hzと高いのでスムーズな映像が楽しめる
  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で高画質
  • 色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高い
  • WebカメラがフルHDで高画質
  • デュアルマイクロホン付き
  • 重量が約2.5kgとやや重い

スペック一覧

1位Lenovo
Legion Pro 5 Gen 8 : アドバンス(RTX4070)
画像Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 : アドバンス(RTX4070)
価格(税込)366,190円
220,990円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 7 7745HX(8コア16スレッド)
CPUのPassMark値32902
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop
GPU Average G3D Mark(PassMark)19757
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート165Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量2.50kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考-
Officeソフトなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)
カラーオニキスグレー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴・デュアルマイクロホン付き

ランキングに戻る↑

2位マウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A

マウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A
画像出典:マウスコンピューター公式サイト

279,800円(税込)
239,800円(税込)

マウスコンピューターの16インチの高性能ゲーミングPCです。

メモリは32GB、CPUはAMD Ryzen 7 7840HS、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPUを搭載しており、動画編集や3Dモデリング、ゲーム開発などの負荷の高い作業も快適です。

ストレージは1TBなので、高容量のデータも安心して保存できます。

ディスプレイ解像度は2560×1600(WQXGA)で非常に高画質なので、鮮明な映像を楽しめます。

色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高いので、クリエイティブな用途に向いています。

リフレッシュレートが240Hzなので、非常に滑らかな映像が楽しめます。

WebカメラがフルHDで高画質かつ顔認証機能付きなので、Webミーティングにもおすすめです。

マウスコンピューター公式サイトで購入できます。

「マウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A」のメリット・デメリット

  • ストレージが1TBで大容量
  • メモリが32GBで大容量
  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で非常に高画質
  • リフレッシュレートが240Hzなので、非常に滑らかな映像が楽しめる
  • 色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高い
  • WebカメラがフルHDで高画質かつ顔認証機能付き
  • 価格がやや高め

スペック一覧

2位マウスコンピューター
G-Tune E6-A7G70BK-A
画像マウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A
価格(税込)279,800円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 7 7840HS
CPUのPassMark値28959
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)19488
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート240Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量2.19kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・顔認証機能付き
Officeソフトなし
カラーブラック
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

3位Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:アドバンス(RTX4070)

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:エントリー(RTX4050)
画像出典:Lenovo公式サイト

392,040円(税込)
236,500円(税込)

Lenovoの16インチWQXGA液晶ゲーミングノートパソコンです。

メモリは32GB、CPUはインテル Core i7-13700HX、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPUを搭載しており、負荷の高い動画編集やゲーム、複雑で繊細な3Dモデリングや物理シミュレーションも快適です。

2560×1600(WQXGA)の高画質ディスプレイを搭載しているため、非常にクリアな映像を楽しむことができます。

マイクはデュアルマイクロホンが採用されているので、オンライン会議でクリアな音声を提供できたり、音声データを利用したビデオコンテンツを制作する際に高品質な音声データを入力できます。

Lenovo公式サイトでセール価格で購入できます。

「Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:アドバンス(RTX4070)」のメリット・デメリット

  • ストレージが1TBで大容量
  • メモリが32GBで大容量
  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で非常に高画質
  • リフレッシュレートが240Hzなので、非常に滑らかな映像が楽しめる
  • 色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高い
  • WebカメラがフルHDで高画質
  • 本体重量が2.5kgとやや重め

スペック一覧

3位Lenovo
Legion Pro 5i Gen 8:アドバンス(RTX4070)
画像Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:アドバンス(RTX4070)
価格(税込)392,040円
236,500円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i7-13700HX
CPUのPassMark値34140
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)19488
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート240Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量2.50kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考-
Officeソフトなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)
カラーオニキスグレー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

4位Lenovo Legion Slim 7i Gen 8:アドバンス(RTX4070)

Lenovo Legion Slim 7i Gen 8
画像出典:Lenovo公式サイト

404,690円(税込)
284,240円(税込)

Lenovoの16インチ4K液晶ゲーミングノートパソコンです。

3200×2000(4K)(4K)の超高画質ディスプレイを搭載しているため、精密なモデリングやテクスチャリング作業が可能な上、4K映像のレンダリングを行う際、原寸大のプレビューができます。

メモリは32GB、CPUはインテル Core i9-13900H、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPUを搭載しており、4K動画の編集や複雑で繊細な3Dモデリングも安心です。

色域カバー率が100%DCI-P3となっており、プロの映画制作にも対応できるほどの色の再現性が高さを誇ります。

マイクはデュアルマイクロホンが採用されているので、オンライン会議でクリアな音声を提供できたり、音声データを利用したビデオコンテンツを制作する際に高品質な音声データを入力できます。

指紋認証センサーが付いているので、パスワードを入力する手間なく、指一つで瞬時にログインできます。

Lenovo公式サイトでセール価格で購入できます。

「Lenovo Legion Slim 7i Gen 8:アドバンス(RTX4070)」のメリット・デメリット

  • CPU性能が非常に高い
  • メモリが32GBと大容量
  • ストレージが1TBと大容量
  • グラフィックボードが非常に高性能
  • リフレッシュレートが165Hzと高いのでスムーズな映像が楽しめる
  • ディスプレイ解像度が4Kで非常に高画質
  • 色域カバー率が100%DCI-P3とプロの映画制作にも対応できるほど色再現性が高い
  • WebカメラがフルHDで高画質
  • デュアルマイクロホン付き
  • 指紋認証センサー付き
  • 性能が良いため、価格がやや高め

スペック一覧

4位Lenovo
Legion Slim 7i Gen 8:アドバンス(RTX4070)
画像Lenovo Legion Slim 7i Gen 8:アドバンス(RTX4070)
価格(税込)404,690円
284,240円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i9-13900H(14コア20スレッド)
CPUのPassMark値30352
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)19757
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度3200×2000(4K)
最大リフレッシュレート165Hz
色域カバー率DCI-P3 100%
重量2.00kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考-
Officeソフトなし(カスタマイズでOffice付きも選択可)
カラーストームグレー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証機能付き・デュアルマイクロホン付き

ランキングに戻る↑

5位ASUS ROG Strix G16 G614JI

ASUS ROG Strix G16 G614JI
画像出典:ASUS公式サイト

329,800円(税込)
299,800円(税込)

「ROG Strix G16 G614JI」は、ASUSのハイスペックゲーミングPCです。

CPUは最新13世代のインテル Core i9-13980HXが搭載されているので、4K動画の編集や、高負荷の3Dゲームのプレイや配信も快適に行うことができます。

本体の冷却には7本のヒートパイプや2つのファンが採用され、冷却効率が非常に高いので、性能を最大限に引き出すことができます。

ディスプレイ解像度は2560×1600(WQXGA)、リフレッシュレートは240Hzなので、非常に滑らかな画面でゲームや動画編集を行うことができます。

ASUS公式サイトiconで購入できます。

「ASUS ROG Strix G16 G614JI」のメリット・デメリット

  • CPUが非常に高性能
  • メモリが32GBと大容量
  • ストレージが1TBと大容量
  • グラフィックボードが非常に高性能
  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)と高画質
  • 色域カバー率が100%DCI-P3とプロの映画制作にも対応できるほど色再現性が高い
  • リフレッシュレートが240Hzと非常に高いのでスムーズな映像が楽しめる
  • 冷却性能が高い
  • Webカメラの画質が平凡

スペック一覧

5位ASUS
ROG Strix G16 G614JI
画像ASUS ROG Strix G16 G614JI
価格(税込)329,800円
299,800円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i9-13980HX
CPUのPassMark値48280
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD
GPUNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU
GPU Average G3D Mark(PassMark)19757
ディスプレイサイズ16.0インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート240Hz
色域カバー率DCI-P3 100%
重量2.50kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
Officeソフトなし
カラーボルトグリーン
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

「Microsoft Flight Simulator」はグラボなしのノートパソコンでもプレイできる?

「Microsoft Flight Simulator」は、グラボ搭載が必須仕様となっているので、グラボなしでプレイすることはできません

「Microsoft Flight Simulator」に限らず、3Dオンラインゲームは、グラボなしのノートパソコンではプレイできないので注意しましょう。

「Microsoft Flight Simulator」用ノートパソコンを買うなら中古はおすすめしない

片方はピカピカの新しいノートパソコン、もう片方は錆びついた古いノートパソコンのイラスト。新しいノートパソコンの方には、緑色のチェックマークがついている。古いノートパソコンの方には赤い「X」マークがあり、古い方を選ぶべきではないことを示している。

なるべく安く購入したいという方は、中古ノートパソコンを視野に入れている方も多いと思います。

しかし、中古ノートパソコンはおすすめできません

理由は以下のとおりです。

  • 古い世代のCPUが使われている可能性がある
  • すぐに壊れる可能性がある
  • バッテリーが劣化している可能性がある
  • メーカー保証を受けられない場合が多い

このようなたくさんのデメリットを抱えたまま作業をするのは、かなり不安です。

せっかく安く購入したくて中古を選んだのに、すぐに使い物にならなくて買い替えるようでは本末転倒です。

「Microsoft Flight Simulator」用パソコンに限らず、ノートパソコンは新品を購入するのがおすすめです。

まとめ

「Microsoft Flight Simulator」におすすめのノートパソコン5選

「Microsoft Flight Simulator」を高画質で快適にプレイするのにおすすめな、コスパ最強のWindowsノートパソコン5選は、以下のとおりです。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
Legion Pro 5 Gen 8 : アドバンス(RTX4070)Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 : アドバンス(RTX4070)
366,190円
220,990円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 7 7745HX3290232GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1975716.0インチ2560×1600(WQXGA)165HzsRGB 100%2.50kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)オニキスグレーありなし・デュアルマイクロホン付き
2位マウスコンピューター
G-Tune E6-A7G70BK-Aマウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A
279,800円
239,800円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 7 7840HS2895932GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1948816.0インチ2560×1600(WQXGA)240HzsRGB 100%2.19kg約207万画素(フルHD・1080p)・顔認証機能付きなしブラックありなし-
3位Lenovo
Legion Pro 5i Gen 8:アドバンス(RTX4070)Lenovo Legion Pro 5i Gen 8:アドバンス(RTX4070)
392,040円
236,500円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i7-13700HX3414032GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1948816.0インチ2560×1600(WQXGA)240HzsRGB 100%2.50kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)オニキスグレーありなし-
4位Lenovo
Legion Slim 7i Gen 8:アドバンス(RTX4070)Lenovo Legion Slim 7i Gen 8:アドバンス(RTX4070)
404,690円
284,240円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i9-13900H(14コア20スレッド)3035232GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1975716.0インチ3200×2000(4K)165HzDCI-P3 100%2.00kg約207万画素(フルHD・1080p)-なし(カスタマイズでOffice付きも選択可)ストームグレーありなし・指紋認証機能付き
・デュアルマイクロホン付き
5位ASUS
ROG Strix G16 G614JIASUS ROG Strix G16 G614JI
329,800円
299,800円セール中!
Windows 11 Home 64bitインテル Core i9-13980HX4828032GB1TB SSDNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop GPU1975716.0インチ2560×1600(WQXGA)240HzDCI-P3 100%2.50kg約92万画素(HD・720p)-なしボルトグリーンなしなし-