留学におすすめのノートパソコン6選【スペックの選び方も解説】

※このページにはアフィリエイト広告が含まれています。

カナダ、アメリカ、オーストラリアなど、海外への留学を行う場合、ノートパソコンは必須アイテムです。

しかし、パソコンはメーカーや種類多すぎて、何を選べば良いか悩んでいる方も多いと思います。

そこで本記事では、留学生活を快適に過ごすために十分なスペックを持ち、かつコスパの良いおすすめのノートパソコン(Windows・Mac両方)をランキング形式でご紹介します!

こちらのランキングは、メーカーのセール情報などもチェックしてなるべくコスパの良い、留学用ノートパソコンをご紹介できるよう、都度更新していますので、ぜひ参考にしてみてください!

留学先でノートパソコンはどんなことに使うの?

留学中は、以下のような用途でノートパソコンを使用します。

  • 講義ノートと課題
    授業のメモ、レポートや論文の作成、オンラインでの課題提出など
  • 研究とプロジェクト
    オンラインリサーチ、データ分析ソフトウェアの使用、プレゼンテーションの準備など
  • コミュニケーション
    メールやSNSを通じた連絡、ビデオ通話による家族や友人とのコミュニケーション、オンライン掲示板や学内ネットワークの利用など
  • 趣味や娯楽
    映画鑑賞、音楽鑑賞、オンラインゲーム、電子書籍の閲覧、動画編集など
  • 生活管理
    ネットバンキングの利用、旅行計画や予約、健康やフィットネスの管理

留学生活は予測不可能な場面が多いため、これらの多様なニーズに対応できるパソコンを選ぶことが重要です。

留学で使うノートパソコンはWindowsとMacどっちがいいの?

留学で使うノートパソコンを選ぶ際、OSはWindowsかMacかどっちを選ぶか悩む方も多いと思います。

結論から言うと、どちらでも好きな方を選んでOKです。

とはいえ、どちらにするか悩むと思うので、MacとWindowsのメリット・デメリットをまとめました。

Windowsノートパソコンのメリット・デメリット

  • さまざまなメーカーから多種多様なモデルがリリースされており、価格やスペック、デザインの選択肢が豊富
  • 必要に応じて部品のアップグレードやカスタマイズが容易
  • 世界中で最も多く使用されているOSのため、多くのソフトウェアが対応している
  • 同等のスペックでもMacよりも安い
  • 圧倒的多数がWindows派なので、Word・Excel・PowerPointなどのデータのやり取りがスムーズ
  • 重量がMacノートパソコンよりも重い場合が多い
  • ウィルスやマルウェアのターゲットとなりやすいので、定期的なセキュリティアップデートやウィルス対策ソフトの導入が必要

Macノートパソコンのメリット・デメリット

  • ウィルスやマルウェアの被害が少ない
  • 重量がWindowsノートパソコンよりも軽い場合が多い
  • iPhoneやiPadとの連携がスムーズ
  • 故障した場合、世界中のアップルストアで修理が可能
  • 同等のスペックの場合、Windowsよりも高い
  • Microsoft Officeソフトとの互換性が悪い
  • Windowsよりも非対応のソフトウェアが多い

留学先で使いたいソフトや、やりたいことが増えた場合に、様々なソフトウェアに対応できるWindowsを選んでおけば、買い直す必要がなく柔軟に対応できます

一方、MacはiPhoneやiPadとの連携がスムーズで、ディスプレイも鮮明なのでクリエイター向けのノートパソコンとして人気です。

また、Macの場合、故障した場合に世界中に数多く存在するアップルストアで修理が可能なので、サポート体制が充実しています。

それぞれのメリット・デメリットをしっかり確認した上で、自分の用途に合ったOSを選びましょう。

留学におすすめのノートパソコンのスペックの選び方

3dcadやパソコンのイラスト

先に、留学で使用するノートパソコンにおすすめのスペックを表にまとめました。

OS WindowsでもMacでもOK!
CPU・Intel Core i5の第11世代以上
・Intel Core i7の第11世代以上
・Intel Core i9の全世代
・Ryzen 5の第五世代(5000番台)以上
・Ryzen 7の全世代
・Ryzen 9の全世代
・Apple社の全CPU(M1チップ、M2チップなど)
メモリ16GB以上
ストレージSSD 256GB以上
ディスプレイサイズ12〜14インチ
本体重量1.3kg以下(軽さ重視なら1.0kg前後がおすすめ)

それぞれ、詳しく解説します。

CPU

清潔な白を背景に置かれた1個のノートパソコン用CPUチップの写真。チップの複雑なディテールとピンがはっきりと見え、その複雑さが強調されている。

CPU(Central Processing Unit)は、ノートパソコンの”脳”とも呼ばれる部分であり、指示された計算やタスクを実行する主要なパーツです。

さらに、それぞれのメーカーに様々な種類の製品があります。

例えば、intel社の場合「intel Core i5 10210U」などと表記されます。
「Core i5」の部分がグレード、「10210U」の部分が製品の世代番号のようなもので、どちらも数字が大きいほど性能が良いです。

一般的には、「Core i3」<「Core i5」<「Core i7」と数字が大きくなるにつれて性能が良くなっていくという説明がされますが、正確にはここの数字だけではCPU性能は分かりません

「core i7」でも、世代が古いと性能が悪かったりするので注意が必要です。

そこで、CPUの性能を総合的に判断する指標としておすすめなのが、「PassMark値(Average CPU Mark)」です。

CPUのPassMark値は、「”CPU名” + “PassMark”」で検索すると調べることができます↓(下記画像のオレンジ色の数字がPassMark値。)

画像出典:PASS MARK SOFTWARE公式サイト

留学先で複数のアプリケーションを同時に快適に動かすには、ある程度高性能なCPUが求められます。

様々なアプリに対応できるよう、PassMark値が8000以上のCPUを選びましょう。

具体的には、以下のCPUを選べば問題ありません。

  • Intel Core i5の第11世代以上
  • Intel Core i7の第11世代以上
  • Intel Core i9の全世代
  • Ryzen 5の第五世代(5000番台)以上
  • Ryzen 7の全世代
  • Ryzen 9の全世代
  • Apple社の全CPU(M1チップ、M2チップなど)

メモリ

バイナリーコードパターンを背景にRAMモジュールをクローズアップした写真。モジュールの1つに貼られたラベルにはアルファベットで「RAM」と書かれている。

メモリは主記憶装置のことで、コンピュータの作業スペースのようなものです。

メモリ容量が大きい程、一度にたくさんの処理を行えるため、処理速度も速くなります

留学において、メモリはマルチタスクをこなすために重要な役割を果たします。

文書作成、インターネット閲覧などの一般的な用途をこなすには、最低8GB以上あれば十分です。

しかし、画像・動画編集など、留学先でやりたいことが増えた場合も対応できるよう、メモリは16GB以上をおすすめします。

メモリ8GBでも十分な場合も多いですが、メモリ8GBと16GBでは数千円しか価格が変わらないことが多いので、16GBの方がコスパが良いです。

ストレージ

内部部品が露出したオープン・ノートパソコンの写真で、SSDが中央に大きく配置されているのがわかる。SSDチップセットとコネクタのクローズアップ写真。背景には、SSDの技術仕様とアーキテクチャの詳細を示す青写真スタイルの図が描かれています。

ストレージはパソコンのデータを保存しておく場所のことです。

ストレージにはHDDとSSDの2種類があります。

SSDはHDDより高価ですが、パソコンの起動やデータの読み書きの速度が速いので、SSDがおすすめです。

ストレージの容量は256GB以上あれば、文書データ・画像データなどを余裕を持って保存できます。

もし容量が足りなくなった場合は、クラウドストレージや、外付けハードディスクを購入することで十分対応可能です。

ディスプレイサイズ

柔らかなグラデーションを背景にノートパソコンのディスプレイを並べたイラスト。ディスプレイは小型から大型まで明確に区別されている。各ディスプレイには、「11インチ」「13.3インチ」「15.6インチ」「17.3インチ」など、サイズが正確に表示されている。画面はソフトな輝きを放ち、鮮明さと解像度を強調している。

ディスプレイサイズが大きいほど広い作業スペースが確保され、複数のパネルやツールを同時に表示することができるため、効率よく作業を進めることができます。

ただし、ディスプレイサイズが大きくなればなるほど、ノートパソコンの重量は重くなります。

海外留学では頻繁にノートパソコンを持ち運ぶため、持ち運びに便利な12〜14インチのディスプレイサイズがおすすめです。

本体重量

留学で使用するノートパソコンにおいて、本体重量は持ち運びやすさに影響するため非常に重要です。

一般的に、女性でも持ち運ぶのが苦にならない重量は1.3kg以下といわれているので、1.3kg以下のモデルを選びましょう。

さらに重いのを持つが特に苦手で軽さ重視の方は、1.0kg前後のモデルを選ぶと、さらにストレスなく頻繁に持ち運ぶことができます。

Officeソフト

留学先では、データ解析や論文作成・プレゼンテーション資料作成などでExcel、Word、PowerPointなどのMicrosoftOfficeのソフトを使用する機会が多いです。

Officeソフトは後から別途購入することもできますが、最初からOfficeが搭載されているノートパソコンを選ぶと割安でOfficeソフトを使用できます。

そのため、Officeソフトを使用することが決まっている場合は、Office付きのモデルを選びましょう。

留学におすすめのノートパソコン5選【Windows】

留学生活を快適に過ごすために最適なWindowsノートパソコンを、おすすめ順にランキング形式でまとめました。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
ThinkBook 13x Gen 2 - マイクロソフトオフィス付きLenovo ThinkBook 13x Gen 2 - マイクロソフトオフィス付き
114,840円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-1235U1365916GB512GB SSDインテル Iris Xe グラフィックス268613.3インチ2560×1600(WQXGA)60HzsRGB 100%1.20kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付き
・顔認証機能付き
Microsoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし・指紋認証機能付き
・180°開閉ディスプレイ
2位HP
HP Pavilion Aero 13-be2000 スタンダードプラスモデルG3HP HP Pavilion Aero 13-be2000 スタンダードプラスモデルG3
152,100円
126,244円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7535U1716316GB512GB SSDAMD Radeon グラフィックス200013.3インチ1920×1200(WUXGA)60HzsRGB 約99.6%0.96kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付き・セラミックホワイト
・ピンクベージュ
なしなし・ワイヤレスマウス付き
3位Dell
Inspiron 13 ノートパソコンDell Inspiron 13 ノートパソコン
151,200円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-1340P2044116GB512GB SSDインテル Iris Xe グラフィックス268613.3インチ2560×1600(WQXGA)60HzsRGB 約99.7%1.24kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Personal 2021 + Microsoft 365 Basic 12ヶ月試用版付きプラチナシルバーなしなし・指紋認証機能付き
4位HP
HP ProBook 635 Aero G8/CT Notebook PC 超軽量モバイル・キャンペーン 【C3】HP HP ProBook 635 Aero G8/CT Notebook PC 超軽量モバイル・キャンペーン 【C3】
170,280円Windows 11 pro 64bitAMD Ryzen 7 5800U1861616GB512GB SSDAMD Radeon グラフィックス-13.3インチ1920×1080(フルHD)-sRGB 約99.6%1.00kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付き
・顔認証機能付き
Microsoft Office Personal 2021付き(他のOfficeプラン、Officeなしも選択可)シルバーなしなし・180°開閉ディスプレイ
5位Microsoft
Surface Laptop Go 3Microsoft Surface Laptop Go 3
184,400円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-1235U1360116GB256GB SSDインテル Iris Xe グラフィックス268612.4インチ1536×102460HzsRGB 約98%1.13kg約92万画素(HD・720p)・顔認証機能付きMicrosoft 365 Personal(1年間使用権)付き・プラチナ
・セージ
・アイスブルー
・サンドストーン
なしなし・ディスプレイがタッチパネル対応
・指紋認証機能付き

1位Lenovo ThinkBook 13x Gen 2 - マイクロソフトオフィス付き

Lenovo ThinkBook 13x Gen 2
画像出典:Lenovo公式サイト

114,840円(税込)

Lenovoの13.3インチWQXGA液晶ノートパソコンです。

ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で超高画質なので、鮮明な映像を楽しめます。

また、カメラによる顔認証や、電源ボタンの指紋センサー認証により、セキュリティに配慮した上で素早くログインできます。

色域カバー率がsRGB 100%で色再現性が高いので、クリエイティブな用途にも向いています。

重量が約1.20kgと軽いため、持ち運びに便利です。

ディスプレイが180°開閉するので、画面を共有する際に便利です。

ただし、外部インターフェースがUSB4(Thunderbolt4 対応)のみというデメリットがあるため、一般的なUSB(USB Type-A)を使用する場合は、別途USBハブを購入する必要があります

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo ThinkBook 13x Gen 2 - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • ディスプレイが2560×1600(WQXGA)で非常に高画質
  • Webカメラがプライバシーシャッター、顔認証機能付き
  • 指紋認証機能付き
  • 180°開閉ディスプレイ
  • 色域カバー率が高い
  • 重量が約1.20kgと軽い
  • 外部インターフェースがUSB4(Thunderbolt4 対応)のみ
  • Webカメラの画質が平凡
  • リフレッシュレートは普通なので、ゲームには向かない

スペック一覧

1位Lenovo
ThinkBook 13x Gen 2 - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo ThinkBook 13x Gen 2 - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)114,840円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i5-1235U
CPUのPassMark値13659
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUインテル Iris Xe グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)2686
ディスプレイサイズ13.3インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 100%
重量1.20kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き・顔認証機能付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラークラウドグレー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証機能付き・180°開閉ディスプレイ

ランキングに戻る↑

2位HP Pavilion Aero 13-be2000 パフォーマンスモデルG3

HP Pavilion Aero 13-be2000
画像出典:HP公式サイト

152,100円(税込)
126,244円(税込)

HPの13.3インチWUXGA液晶ノートパソコンです。

シンプルかつスタイリッシュで、非常にデザイン性が高く、持っているだけでテンションが上がります。

メモリは16GB、CPUは高性能なAMD Ryzen 7 7735Uを搭載しており、複数のアプリやツールを同時に使用する場合も快適に作業できます。

カラーは「セラミックホワイト」と「ピンクベージュ」から選ぶことができます。

重量が約0.96kgと非常に軽いため、持ち運びに便利です。

標準モデルにはOfficeソフトは付いていませんが、カスタマイズで「Microsoft Office Home & Business 2021」を割安で付けることができます(合計税込126,244円)。

ディスプレイ解像度が1920×1200(WUXGA)で高画質なので、鮮明な映像が楽しめます。

色域カバー率がsRGB 99.6%で色再現性が高いので、クリエイティブな用途にも向いています。

HP公式サイトで購入すると、ワイヤレスマウスが無料でついてきます。

「HP HP Pavilion Aero 13-be2000 スタンダードプラスモデルG3」のメリット・デメリット

  • CPUが高性能
  • デザイン性が高い
  • 重量が約0.96kgと非常に軽い
  • ワイヤレスマウス付き
  • 色域カバー率が高い
  • 価格がやや高め
  • Webカメラの画質が平凡
  • リフレッシュレートは普通なので、ゲームには向かない

スペック一覧

2位HP
HP Pavilion Aero 13-be2000 スタンダードプラスモデルG3
画像HP HP Pavilion Aero 13-be2000 スタンダードプラスモデルG3
価格(税込)152,100円
126,244円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7535U
CPUのPassMark値17163
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUAMD Radeon グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)2000
ディスプレイサイズ13.3インチ
ディスプレイ解像度1920×1200(WUXGA)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 約99.6%
重量0.96kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラー・セラミックホワイト・ピンクベージュ
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・ワイヤレスマウス付き

ランキングに戻る↑

3位Dell Inspiron 13 ノートパソコン

Dell Inspiron 13 ノートパソコン
画像出典:Dell公式サイト

151,200円(税込)

Dellの13.3インチフルHD液晶ノートパソコンです。

ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で超高画質なので、鮮明な映像を楽しめます。

重量が約1.24kgと軽いため、持ち運びに便利です。

Webカメラが高画質かつプライバシーシャッター付きなので、Zoomなどのオンラインミーティングでプライバシーに配慮しつつ高品質な映像を提供できます。

また、指紋認証機能が付いているので、セキュリティに配慮した上でスムーズにログインできます。

色域カバー率がsRGB 99.7%で色再現性が高いので、クリエイティブな用途にも向いています。

Dell公式サイトで購入できます。

「Dell Inspiron 13 ノートパソコン」のメリット・デメリット

  • CPUが高性能
  • ディスプレイが2560×1600(WQXGA)で非常に高画質
  • Webカメラが高画質かつプライバシーシャッター付き
  • 指紋認証機能付き
  • 重量が約1.24kgと軽い
  • 色域カバー率が高い
  • リフレッシュレートは普通なので、ゲームには向かない
  • 価格がやや高め

スペック一覧

3位Dell
Inspiron 13 ノートパソコン
画像Dell Inspiron 13 ノートパソコン
価格(税込)151,200円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i5-1340P
CPUのPassMark値20441
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUインテル Iris Xe グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)2686
ディスプレイサイズ13.3インチ
ディスプレイ解像度2560×1600(WQXGA)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 約99.7%
重量1.24kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Personal 2021 + Microsoft 365 Basic 12ヶ月試用版付き
カラープラチナシルバー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証機能付き

ランキングに戻る↑

4位HP ProBook 635 Aero G8/CT Notebook PC 超軽量モバイル・キャンペーン 【C3】

HP ProBook 635 Aero G8
画像出典:HP公式サイト

176,880円(税込)

HPの13.3インチ・フルHD液晶ノートパソコンです。

メモリは16GB、CPUは高性能なAMD Ryzen 7 5800Uを搭載しており、複数のアプリやツールを同時に使用する場合も快適に作業できます。

Webカメラが顔認証機能付き且つプライバシーシャッター付きなので、セキュリティに配慮した上でスムーズにログインできます。

本体重量が約1.00kgと非常に軽いため、持ち運びに便利です。

ディスプレイが180°開閉するので、画面を共有する際に便利です。

色域カバー率がsRGB 約99.6%と高く色再現性が高いので、クリエイティブな用途にも向いています。

標準モデルにはOfficeソフトは付いていませんが、カスタマイズで「Microsoft Office Home and Business 2021」を割安で付けることができます(合計税込176,880円)。

HP公式サイトiconで購入できます。

「HP ProBook 635 Aero G8/CT Notebook PC 超軽量モバイル・キャンペーン 【C3】」のメリット・デメリット

  • 本体重量が約1.00kgと軽い
  • 色域カバー率が高い
  • Webカメラが顔認証機能付き且つ、プライバシーシャッター付き
  • 価格がやや高い
  • Webカメラの画質が平凡

スペック一覧

4位HP
HP ProBook 635 Aero G8/CT Notebook PC 超軽量モバイル・キャンペーン 【C3】
画像HP HP ProBook 635 Aero G8/CT Notebook PC 超軽量モバイル・キャンペーン 【C3】
価格(税込)176,880円
詳細
OSWindows 11 pro 64bit
CPUAMD Ryzen 7 5800U
CPUのPassMark値18616
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUAMD Radeon グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)
ディスプレイサイズ13.3インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート
色域カバー率sRGB 約99.6%
重量1.00kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き・顔認証機能付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き(他のOfficeプラン、Officeなしも選択可)
カラーシルバー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・180°開閉ディスプレイ

ランキングに戻る↑

5位Microsoft Surface Laptop Go 3

Microsoft Surface Laptop Go 3
画像出典:Microsoft公式サイト

184,400円(税込)

Microsoftの12.4インチノートパソコンです。

シンプルかつスタイリッシュな洗練されたデザインが魅力的です。

カラーは「プラチナ」「セージ」「アイスブルー」「サンドストーン」の4色から選択できます。

ディスプレイがタッチパネル対応になっているので、指で触って直感的に操作したい方におすすめです。

Microsoft社のSurfaceシリーズはデザイン性が高く、人気の機種ですが、他のメーカーのパソコンと比較すると価格の割にCPU性能が悪く、ディスプレイ解像度も低いので、コスパは悪いです。

そのため、コスパの高さよりも知名度やデザイン性を重視したいという方におすすめです。

Microsoft公式サイトiconで購入できます。

「Microsoft Surface Laptop Go 3」のメリット・デメリット

  • 本体重量が約1.13kgと軽い
  • ディスプレイがタッチパネル対応
  • カラーが4色から選択可能
  • CPU性能がやや悪い
  • コスパが悪い
  • ディスプレイ解像度が低い(画質が悪い)
  • リフレッシュレートは普通なので、ゲームには向かない

スペック一覧

5位Microsoft
Surface Laptop Go 3
画像Microsoft Surface Laptop Go 3
価格(税込)184,400円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i5-1235U
CPUのPassMark値13601
メモリ16GB
ストレージ256GB SSD
GPUインテル Iris Xe グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)2686
ディスプレイサイズ12.4インチ
ディスプレイ解像度1536×1024
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 約98%
重量1.13kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考・顔認証機能付き
OfficeソフトMicrosoft 365 Personal(1年間使用権)付き
カラー・プラチナ・セージ・アイスブルー・サンドストーン
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・ディスプレイがタッチパネル対応・指紋認証機能付き

ランキングに戻る↑

留学におすすめのノートパソコン【Mac】

Apple MacBook Air 13インチ(M1チップ・メモリ16GB)

Apple MacBook Air(M1チップ)
画像出典:Apple公式サイト

Apple MacBook Air 13インチ(M1チップ・メモリ16GB)
162,800円(税込)

Macのノートパソコン派の方は、2020年に発売された、M1チップ搭載の「13インチMacBook Air」がおすすめです。

標準モデルはメモリ8GBですが、16GBにカスタマイズすることをおすすめします。

ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA液晶)で非常に高画質なので、趣味で動画・映画鑑賞などを楽しみたいという方にもおすすめです。

OSmacOS
CPU・GPUApple M1チップ
CPUのPassMark値(Average CPU Mark)14077
メモリ16GB(カスタマイズ
ストレージSSD 256GB
ディスプレイサイズ13インチ
ディスプレイ解像度2560×1600
重量約1.29kg
Webカメラ720p(HD)
価格
(税込・送料込)
162,800円(税込)
公式サイト

留学先でもノートパソコンの充電はできるの?

現在販売されているノートパソコンは100〜240Vまで対応しており、電圧的にはすべての国で充電可能です。

ただし、留学する国によって電源プラグタイプが違うので、変換アダプターが必要になる場合があります

電源プラグタイプの種類と形状は、以下のようなタイプがあります。

以下に、人気が高い留学先の電圧と電源プラグタイプをまとめました。

電圧電源プラグタイプ
日本100VA
カナダ120VA または B
アメリカ120VA または B
オーストラリア230VI
フィリピン220VA または B または C
イギリス230VG

ノートパソコンのコンセントはAタイプに対応しているので、例えばオーストラリアに留学する場合は、A→Iに変換する変換プラグが必要になります。

まとめ

留学におすすめのノートパソコン5選【Windows】

留学におすすめのWindowsノートパソコン5選は、以下のとおりです。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
ThinkBook 13x Gen 2 - マイクロソフトオフィス付きLenovo ThinkBook 13x Gen 2 - マイクロソフトオフィス付き
114,840円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-1235U1365916GB512GB SSDインテル Iris Xe グラフィックス268613.3インチ2560×1600(WQXGA)60HzsRGB 100%1.20kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付き
・顔認証機能付き
Microsoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし・指紋認証機能付き
・180°開閉ディスプレイ
2位HP
HP Pavilion Aero 13-be2000 スタンダードプラスモデルG3HP HP Pavilion Aero 13-be2000 スタンダードプラスモデルG3
152,100円
126,244円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7535U1716316GB512GB SSDAMD Radeon グラフィックス200013.3インチ1920×1200(WUXGA)60HzsRGB 約99.6%0.96kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付き・セラミックホワイト
・ピンクベージュ
なしなし・ワイヤレスマウス付き
3位Dell
Inspiron 13 ノートパソコンDell Inspiron 13 ノートパソコン
151,200円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-1340P2044116GB512GB SSDインテル Iris Xe グラフィックス268613.3インチ2560×1600(WQXGA)60HzsRGB 約99.7%1.24kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Personal 2021 + Microsoft 365 Basic 12ヶ月試用版付きプラチナシルバーなしなし・指紋認証機能付き
4位HP
HP ProBook 635 Aero G8/CT Notebook PC 超軽量モバイル・キャンペーン 【C3】HP HP ProBook 635 Aero G8/CT Notebook PC 超軽量モバイル・キャンペーン 【C3】
170,280円Windows 11 pro 64bitAMD Ryzen 7 5800U1861616GB512GB SSDAMD Radeon グラフィックス-13.3インチ1920×1080(フルHD)-sRGB 約99.6%1.00kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付き
・顔認証機能付き
Microsoft Office Personal 2021付き(他のOfficeプラン、Officeなしも選択可)シルバーなしなし・180°開閉ディスプレイ
5位Microsoft
Surface Laptop Go 3Microsoft Surface Laptop Go 3
184,400円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-1235U1360116GB256GB SSDインテル Iris Xe グラフィックス268612.4インチ1536×102460HzsRGB 約98%1.13kg約92万画素(HD・720p)・顔認証機能付きMicrosoft 365 Personal(1年間使用権)付き・プラチナ
・セージ
・アイスブルー
・サンドストーン
なしなし・ディスプレイがタッチパネル対応
・指紋認証機能付き

留学におすすめのノートパソコン【Mac】

Apple MacBook Air(M1チップ)
画像出典:Apple公式サイト

Apple MacBook Air 13インチ(M1チップ・メモリ16GB)
162,800円(税込)

Macのノートパソコン派の方は、2020年に発売された、M1チップ搭載の「13インチMacBook Air」がおすすめです。

OSmacOS
CPU・GPUApple M1チップ
CPUのPassMark値(Average CPU Mark)14077
メモリ16GB(カスタマイズ
ストレージSSD 256GB
ディスプレイサイズ13インチ
ディスプレイ解像度2560×1600
重量約1.29kg
Webカメラ720p(HD)
価格
(税込・送料込)
162,800円(税込)
公式サイト