弥生会計におすすめなノートパソコン5選【スペックの選び方も解説】

※このページにはアフィリエイト広告が含まれています。

法人や個人事業主(フリーランス)の事務・経理関係の処理で幅広く使われている人気の会計ソフトである弥生会計。

弥生会計22から弥生会計23への移行も進んでおり、この機会にパソコンの入れ替えや新規購入を検討する方も多いと思います。

弥生会計を快適に使用するためには、適切なスペックのノートパソコンを選ぶ必要がありますが、種類が多すぎてどれを選べば良いか悩む方も多いと思います。

本記事では、弥生会計を快適に操作するのに十分なスペックを持ち、かつコスパの良いおすすめのノートパソコンをランキング形式でご紹介します!

こちらのランキングは、メーカーのセール情報などもチェックしてなるべくコスパの良い弥生会計用ノートパソコンをご紹介できるよう、都度更新していますので、ぜひ参考にしてみてください!

弥生会計用ノートパソコンのシステム要件(最低限スペック)

最初に、弥生会計の公式ホームページに記載してある、システム要件(最低限スペック)をご紹介します。

デスクトップアプリ
(弥生23シリーズ、弥生ネットワーク)
クラウドアプリ
OSMicrosoft Windows 11
Microsoft Windows 10
Microsoft Windows 11
Microsoft Windows 10
CPU1GHz以上で2コア以上のインテルプロセッサまたは互換プロセッサ1GHz以上で2コア以上のインテルプロセッサまたは互換プロセッサ
メモリ4GB以上4GB以上
ストレージ6GB以上
ディスプレイ解像度1366×768(WIDEXGA)以上1366×768(WIDEXGA)以上
その他Microsoft 365のオンライン版(Office Online)・ストアアプリ版には非対応

上記は弥生会計を動作最低限のスペックなので、弥生会計を快適に使用するには、以下のスペックを目安に選ぶようにしましょう。

デスクトップアプリ
(弥生23シリーズ、弥生ネットワーク)
クラウドアプリ
OSMicrosoft Windows 11
Microsoft Windows 10
Microsoft Windows 11
Microsoft Windows 10
CPU・Intel Core i5の第11世代以上
・Intel Core i7の第11世代以上
・Intel Core i9の全世代
・Ryzen 5の第五世代(5000番台)以上
・Ryzen 7の全世代
・Ryzen 9の全世代
1GHz以上で2コア以上のインテルプロセッサまたは互換プロセッサ
メモリ8GB以上4GB以上
ストレージ256GB以上
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)以上1366×768(WIDEXGA)以上
その他・Microsoft Office Home & Business 2021付き
または
・Microsoft Office Personal 2021付き

それぞれのスペックの選び方について、次の章で詳しく解説します。

弥生会計におすすめなノートパソコンのスペックの選び方

CPU

CPU(Central Processing Unit)は、ノートパソコンの”脳”とも呼ばれる部分であり、指示された計算やタスクを実行する主要なパーツです。

さらに、それぞれのメーカーに様々な種類の製品があります。

例えば、intel社の場合「intel Core i5 10210U」などと表記されます。
「Core i5」の部分がグレード、「10210U」の部分が製品の世代番号のようなもので、どちらも数字が大きいほど性能が良いです。

一般的には、「Core i3」<「Core i5」<「Core i7」と数字が大きくなるにつれて性能が良くなっていくという説明がされますが、正確にはここの数字だけではCPU性能は分かりません

「core i7」でも、世代が古いと性能が悪かったりするので注意が必要です。

そこで、CPUの性能を総合的に判断する指標としておすすめなのが、「PassMark値(Average CPU Mark)」です。

CPUのPassMark値は、「”CPU名” + “PassMark”」で検索すると調べることができます↓(下記画像のオレンジ色の数字がPassMark値。)

画像出典:PASS MARK SOFTWARE公式サイト

弥生会計はそこまで負荷の高い処理は必要としませんが、PassMark値が8000以上のCPUを選べば、大量の経費データや勘定科目を扱う場合もスムーズに作業できます

具体的には、以下のCPUを選べば問題ありません。

  • Intel Core i5の第11世代以上
  • Intel Core i7の第11世代以上
  • Intel Core i9の全世代
  • Ryzen 5の第五世代(5000番台)以上
  • Ryzen 7の全世代
  • Ryzen 9の全世代
  • Apple社の全CPU(M1チップ、M2チップなど)

メモリ

メモリは主記憶装置のことで、コンピュータの作業スペースのようなものです。

メモリ容量が大きい程、一度にたくさんの処理を行えるため、処理速度も速くなります

経理や事務作業、仕訳の入力時にストレスを感じないためにも、8GB以上のメモリを搭載したノートパソコンを選ぶことをおすすめします。

ストレージ

ストレージはパソコンのデータを保存しておく場所のことです。

ストレージにはHDDとSSDの2種類があります。

SSDはHDDより高価ですが、パソコンの起動やデータの読み書きの速度が速いので、SSDがおすすめです。

弥生会計をノートパソコンにインストールする場合でも、ソフト自体は大きな容量を必要としませんが、データ移行やバックアップを考慮すると、ある程度の容量は確保しておいた方が良いです。

具体的には、256GB以上のSSDを搭載したノートパソコンを選べば安心です。

ディスプレイサイズ

弥生会計を使用する場合、エクセルファイルなどの複数の文書を同時に開いて作業をすることが多いため、15インチ以上の大きめのディスプレイサイズがおすすめです。

ただし、外部ディスプレイに接続して作業するという場合は、13〜14インチのノートパソコンでも問題ありません。

ディスプレイ解像度

ディスプレイ解像度が高いと、勘定科目や経費の詳細をクリアに見ることができます。

そのため、1920×1080(フルHD)以上の解像度を持つノートパソコンを選びましょう。

最近発売されているノートパソコンのほとんどは、安いモデルでも1920×1080(フルHD)以上のディスプレイを搭載しているので安心です。

テンキー

弥生会計を使用した経理作業には数字の入力が頻繁に行われます。

そのため、テンキー付きのノートパソコンを選ぶことで、入力作業の効率が大幅にアップします。

ただし、別途外部デバイスのテンキーを用意する場合は、テンキーなしのノートパソコンでも問題ありません。

Officeソフト

弥生会計と併用して、エクセルやワードを使う場合が多いため、Office搭載のノートパソコンを選ぶと便利です。

デスクトップアプリ版(弥生23シリーズ、弥生ネットワーク)は、Office 365のオンライン版が非対応となっているので、Microsoft Office Home & Business 2021などのインストール版が付いているモデルを選びましょう。

弥生会計におすすめなノートパソコン5選

弥生会計を快適に使用できるノートパソコンを、おすすめ順にランキング形式でまとめました。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付きLenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
79,860円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U978316GB512GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス14.0インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.40kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし-
2位Dell
New Inspiron 15 ノートパソコンDell New Inspiron 15 ノートパソコン
85,299円
76,763円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 3 7320U92098GB256GB SSDAMD Radeon グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)120HzsRGB 約60.0%1.63kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きプラチナシルバーありなし-
3位HP
HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】HP HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】
87,900円
79,111円
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 3 7320U92098GB256GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)60HzsRGB 約60.0%1.59kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きナチュラルシルバーなしなし・指紋認証機能付き
4位Dell
Inspiron 14 ノートパソコンDell Inspiron 14 ノートパソコン
88,200円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7530U161178GB256GB SSDAMD Radeon グラフィックス14.0インチ1920×1200(WUXGA)60HzsRGB 約62.2%1.59kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きプラチナシルバーなしなし・指紋認証機能付き
5位Lenovo
V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付きLenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
86,900円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U97838GB256GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.65kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きブラックありなし・180°開閉ディスプレイ

1位Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き

Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
画像出典:Lenovo公式サイト

79,860円(税込)

Lenovoの14インチのフルHD液晶ノートパソコンです。

Microsoft Office Home & Business 2021」がインストールされているので、すぐにOfficeソフトが使用できます

CPUはAMD Ryzen 5 7520Uを搭載しており、軽い動画編集も可能なほど高性能です。

ストレージは大容量の512GB SSDを搭載しているので、重いデータを扱いたい方も安心です。

わずか17.9mmのスリムなボディを採用しており、重量も約1.4kgと軽量なので、気軽に持ち運ぶことができます。

バッテリーも大容量なので、外出先でも安心して使用できます。

この高性能さで8万円以下なので、コスパが圧倒的に良いです。

Lenovo公式サイトなら割引価格で購入できます。

「Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • コスパが圧倒的に良い。
  • SSDが512GBと大容量なので重めのデータも安心。
  • 軽量薄型ボディーで持ち運びに便利
  • 色域カバー率が45%NTSCと低めなので、画像編集や動画編集などのクリエイター向けのソフトには向かない。

スペック一覧

1位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)79,860円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7520U
CPUのPassMark値9783
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUAMD Radeon 610M グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)1277
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量1.40kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラークラウドグレー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

2位Dell New Inspiron 15 ノートパソコン

Dell New Inspiron 15 ノートパソコン
画像出典:Dell公式サイト

85,299円(税込)
76,763円(税込)

Dellの15.6インチ・フルHDノートパソコンです。

CPUはAMD Ryzen 3 7320U、メモリは8GBで普段使いには十分な性能なので、Officeソフトを使用しながらインターネットで動画を見たりと、複数の作業をする場合も安心です。

Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できます

とにかくコスパが良く、少しでも安く普段使いできるノートパソコンが欲しいという方におすすめです。

Dell公式サイトで購入できます。

「Dell New Inspiron 15 ノートパソコン」のメリット・デメリット

  • Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できる
  • 価格が安い
  • 本体重量が約1.63kgと同性能の他のPCと比較して重め

スペック一覧

2位Dell
New Inspiron 15 ノートパソコン
画像Dell New Inspiron 15 ノートパソコン
価格(税込)85,299円
76,763円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 3 7320U
CPUのPassMark値9209
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
GPUAMD Radeon グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート120Hz
色域カバー率sRGB 約60.0%
重量1.63kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラープラチナシルバー
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

3位HP HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】

HP 15-fc0001AU
画像出典:HP公式サイト

87,900円(税込)
79,111円(税込)

HPの15.6インチのフルHD液晶ノートパソコンです。

標準モデルはOfficeソフトが付いていませんが、カスマイズで「Microsoft Office Home & Business 2021」が付いてきます。

CPUはAMD Ryzen 3 7320Uを搭載しており、軽い動画編集も可能なほど高性能です。

指紋認証機能が付いているので、セキュリティに配慮しながら素早くログインできます。

HP公式サイトiconで購入できます。

「HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】」のメリット・デメリット

  • 指紋認証機能付きで素早くログイン可
  • キーボードはバックライトなし

スペック一覧

3位HP
HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】
画像HP HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】
価格(税込)87,900円
79,111円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 3 7320U
CPUのPassMark値9209
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
GPUAMD Radeon 610M グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 約60.0%
重量1.59kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラーナチュラルシルバー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証機能付き

ランキングに戻る↑

4位Dell Inspiron 14 ノートパソコン

Dell Inspiron 14 ノートパソコン
画像出典:Dell公式サイト

88,200円(税込)

Dellの14インチ・WUXGA高画質ノートパソコンです。

CPUはAMD Ryzen 5 7530U、メモリは8GBで普段使いには十分な性能なので、Officeソフトを使用しながらインターネットで動画を見たりと、複数の作業をする場合も安心です。

Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できます。

WebカメラはフルHDで高画質なのに加え、プライバシーシャッター付きなのでWebミーティングなどにもおすすめです。

指紋認証機能付きなので、セキュリティに配慮した上で素早くログインできます。

Dell公式サイトで購入できます。

「Dell Inspiron 14 ノートパソコン」のメリット・デメリット

  • Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できる
  • Webカメラが約207万画素(フルHD・1080p)と高画質かつ、プライバシーシャッター付き
  • ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA)で非常に高画質
  • 指紋認証機能付き
  • 色域カバー率がsRGB 約62.2%とやや低め

スペック一覧

4位Dell
Inspiron 14 ノートパソコン
画像Dell Inspiron 14 ノートパソコン
価格(税込)88,200円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7530U
CPUのPassMark値16117
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
GPUAMD Radeon グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1200(WUXGA)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 約62.2%
重量1.59kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラープラチナシルバー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証機能付き

ランキングに戻る↑

5位Lenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き

Lenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
画像出典:Lenovo公式サイト

86,900円(税込)

Lenovoの15.6インチのフルHD液晶ノートパソコンです。

Microsoft Office Home & Business 2021」がインストールされているので、すぐにOfficeソフトが使用できます

CPUはAMD Ryzen 3 7320Uを搭載しており、軽い動画編集も可能なほど高性能です。

ディスプレイが180°開閉するので、対面で画面を共有する場合にも便利です。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • ディスプレイが180°開閉可能。
  • 色域カバー率が45%NTSCと低めなので、画像編集や動画編集などのクリエイター向けのソフトには向かない。
  • 樹脂製のボディがやや高級感に欠ける。

スペック一覧

5位Lenovo
V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)86,900円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7520U
CPUのPassMark値9783
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
GPUAMD Radeon 610M グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)1277
ディスプレイサイズ15.6インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量1.65kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラーブラック
テンキーあり
タブレットモードなし
その他の特徴・180°開閉ディスプレイ

ランキングに戻る↑

弥生会計を新しいパソコンに入れ替えることはできるの?

もちろん、弥生会計を現在使用しているパソコンから新しいパソコンへの移行は可能です。

しかし、正確かつスムーズに移行を行うためにはいくつかの手順や注意点があります

詳しい手順や注意点は、弥生会計の公式サイトを確認しながら慎重に行いましょう。

まとめ

弥生会計を快適に作業するのにおすすめなノートパソコンは以下のとおりです。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付きLenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
79,860円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U978316GB512GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス14.0インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.40kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし-
2位Dell
New Inspiron 15 ノートパソコンDell New Inspiron 15 ノートパソコン
85,299円
76,763円セール中!
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 3 7320U92098GB256GB SSDAMD Radeon グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)120HzsRGB 約60.0%1.63kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きプラチナシルバーありなし-
3位HP
HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】HP HP 15-fc0001AU ベーシックモデル 【C9】
87,900円
79,111円
Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 3 7320U92098GB256GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)60HzsRGB 約60.0%1.59kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Home & Business 2021付きナチュラルシルバーなしなし・指紋認証機能付き
4位Dell
Inspiron 14 ノートパソコンDell Inspiron 14 ノートパソコン
88,200円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7530U161178GB256GB SSDAMD Radeon グラフィックス14.0インチ1920×1200(WUXGA)60HzsRGB 約62.2%1.59kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きプラチナシルバーなしなし・指紋認証機能付き
5位Lenovo
V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付きLenovo V15 Gen 4 AMD - マイクロソフトオフィス付き
86,900円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U97838GB256GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス15.6インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.65kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きブラックありなし・180°開閉ディスプレイ