医師におすすめのノートパソコン5選【WindowsとMacどっちがいいのかも解説!】

※このページにはアフィリエイト広告が含まれています。

医師として働くため、ノートパソコンを購入したいけど、ノートパソコンは種類多すぎて、何を選べば良いか悩んでいる方も多いと思います。

そこで本記事では、医師としての業務をスムーズに進めるのに十分なスペックを持ち、かつコスパの良いおすすめのノートパソコンをランキング形式でご紹介します!

こちらのランキングは、メーカーのセール情報などもチェックしてなるべくコスパの良いノートパソコンをご紹介できるよう、都度更新していますので、ぜひ参考にしてみてください!

医師はどんな用途でノートパソコンを使うのか?

医師は、多くの場面でノートパソコンを使用します。

以下に、主な用途をまとめました。

  • 研究・論文の執筆
    臨床研究や論文の作成、編集、レビューを行う。
  • 情報収集
    医学的な最新情報、論文、ガイドラインなどをオンラインで検索・閲覧する。
  • コミュニケーション
    他の医師や医療スタッフとのメールやオンライン会議、診療相談など。
  • 症例プレゼンテーション
    学会やセミナーでの発表資料の作成や編集。
  • 学習・継続医療教育
    オンラインコースやセミナーに参加し、新しい医学知識や技術を学ぶ。
  • 管理業務
    スケジュール管理、予約の確認、患者との連絡、請求業務など。

以上のように、医師はノートパソコンを様々な用途で活用しており、現代医療においては欠かせないツールとなっています。

医師のノートパソコンはWindowsとMacどっちがおすすめ?

ノートパソコンを選ぶ際、OSはWindowsかMacかどっちを選ぶか悩む方も多いと思います。

結論から言うと、Windowsがおすすめです。

理由は、医師にとってはWindowsの方がメリットが多いからです。

MacとWindowsのメリット・デメリットは以下のとおりです。

Windowsノートパソコンのメリット・デメリット

  • さまざまなメーカーから多種多様なモデルがリリースされており、価格やスペック、デザインの選択肢が豊富
  • 必要に応じて部品のアップグレードやカスタマイズが容易
  • 多くの医療関連ソフトウェアやシステムがWindowsベースで開発されている
  •         
  • 多くのモデルに様々な接続ポートが装備されており、医療機器との接続が容易
  • 同等のスペックでもMacよりも安い
  • 圧倒的多数がWindows派なので、Word・Excel・PowerPointなどのデータのやり取りがスムーズ
  • 重量がMacノートパソコンよりも重い場合が多い
  • ウィルスやマルウェアのターゲットとなりやすいので、定期的なセキュリティアップデートやウィルス対策ソフトの導入が必要

Macノートパソコンのメリット・デメリット

  • ウィルスやマルウェアの被害が少ない
  • 重量がWindowsノートパソコンよりも軽い場合が多い
  • iPhoneやiPadとの連携がスムーズ
  • 同等のスペックの場合、Windowsよりも高い
  • Microsoft Officeソフトとの互換性が悪い
  • Windowsよりも非対応のソフトウェアが多い

医師としての使用目的によって、WindowsかMac、どちらが適しているかは変わりますが、Windowsの方がメリットが多いです。

一方、MacはiPhoneやiPadとの連携がスムーズで、ディスプレイも鮮明なのでクリエイター向けのノートパソコンとして人気です。

基本的にはWindwosをおすすめしますが、用途が明確に決まっていて、Macのデメリットを十分に理解していれば、Macを選んでも問題ありません

具体的な用途や必要なソフトウェア、ハードウェアの要件を基に選択すると良いでしょう。

医師におすすめのノートパソコンのスペックの選び方

3dcadやパソコンのイラスト

先に、医師におすすめのパソコンのスペックを表にまとめました。

OS基本的にはWindowsがおすすめ
CPU・Intel Core i5の第11世代以上
・Intel Core i7の第11世代以上
・Intel Core i9の全世代
・Ryzen 5の第五世代(5000番台)以上
・Ryzen 7の全世代
・Ryzen 9の全世代
・Apple社の全CPU(M1チップ、M2チップなど)
メモリ16GB以上
ストレージSSD 256GB以上
ディスプレイサイズ13〜14インチ
本体重量1.5kg前後(軽さ重視なら1.3kg以下がおすすめ)
OfficeソフトOffice付きがおすすめ

それぞれ、詳しく解説します。

CPU

CPU

CPU(Central Processing Unit)は、ノートパソコンの”脳”とも呼ばれる部分であり、指示された計算やタスクを実行する主要なパーツです。

さらに、それぞれのメーカーに様々な種類の製品があります。

例えば、intel社の場合「intel core i5 10210U」などと表記されます。
「core i5」の部分がグレード、「10210U」の部分が製品の世代番号のようなもので、どちらも数字が大きいほど性能が良いです。

一般的には、「core i3」<「core i5」<「core i7」と数字が大きくなるにつれて性能が良くなっていくという説明がされますが、正確にはここの数字だけではCPU性能は分かりません

「core i7」でも、世代が古いと性能が悪かったりしますので、注意が必要です。

そこで、CPUの性能を総合的に判断する指標としておすすめなのが、「PassMark値(Average CPU Mark)」です。

CPUのPassMark値は、「”CPU名” + “PassMark”」で検索すると調べることができます↓(下記画像のオレンジ色の数字がPassMark値。)

画像出典:PASS MARK SOFTWARE公式サイト

医師が使用するソフトを快適に使用するには、PassMark値が8000以上のCPUを選びましょう。

具体的には、以下のCPUを選べば問題ありません。

  • Intel Core i5の第11世代以上
  • Intel Core i7の第11世代以上
  • Intel Core i9の全世代
  • Ryzen 5の第五世代(5000番台)以上
  • Ryzen 7の全世代
  • Ryzen 9の全世代
  • Apple社の全CPU(M1チップ、M2チップなど)

メモリ

メモリ

メモリは主記憶装置のことで、コンピュータの作業スペースのようなものです。

メモリ容量が大きい程、一度にたくさんの処理を行えるため、処理速度も速くなります

医師は、ブラウザで文献を調査しながら、Officeソフトでなどで論文・文書の作成をしたりと、複数のソフトを同時に使用するので、メモリは16GB以上がおすすめです。

メモリ8GBでも作業できないわけではないですが、メモリ8GBと16GBでは数千円しか価格が変わらないことが多いので、16GBの方がコスパが良いです。

ストレージ

ストレージ

ストレージはパソコンのデータを保存しておく場所のことです。

ストレージにはHDDとSSDの2種類があります。

SSDはHDDより高価ですが、パソコンの起動やデータの読み書きの速度が速いので、起動する頻度が多い医学部の大学生のパソコンにはSSDがおすすめです。

医師は、そこまで重いデータは扱わないので、ストレージの容量は256GB以上あれば十分です。

もし容量が足りなくなった場合は、クラウドストレージや、外付けハードディスクを購入することで十分対応可能です。

ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズが大きいほど広い作業スペースが確保され、複数のパネルやツールを同時に表示することができるため、効率よく作業を進めることができます。

ただし、ディスプレイサイズが大きくなればなるほど、本体重量が重くなっていきます。

医師は、学会への参加などでノートパソコンを持ち運ぶ機会が多いので、気軽に持ち運べて作業スペースも十分なサイズを確保できる13〜14インチがおすすめです。

本体重量

医学部の大学生でノートパソコンを購入する方は、本体重量も重要です。

一般的に、持ち運ぶのが苦にならない重量は1.5kg以下といわれているので、1.5kg以下のモデルを選びましょう。

重いのを持つが特に苦手な方は、1.3kg以下のモデルを選ぶと、さらにストレスなく頻繁に持ち運ぶことができます。

Officeソフト

医師は、データ解析や論文作成・プレゼンテーション資料作成などでExcel、Word、PowerPointなどのMicrosoftOfficeのソフトを使用する機会が多いです。

そのため、最初からOfficeが搭載されているノートパソコンを選ぶと便利です。

ノートパソコンに最初からインストールされているOfficeソフトには、以下の2種類があるので、使用するソフトに合わせて選びましょう。

プランOffice Personal 2021Office Home & Business 2021
価格37,700円(税込)43,980円(税込)
使える期間永久永久
インストール可能なPC数2台まで2台まで
対応可能なOSWindowsのみWindows、Mac
使えるアプリ・Word
・Excel
・Outlook
・Word
・Excel
・PowerPoint
・Outlook
・Microsoft Teams

医師におすすめのノートパソコン5選【Windows】

医師としての業務をスムーズに行うのに最適なWindowsノートパソコンを、おすすめ順にランキング形式でまとめました。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
ThinkBook 14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付きLenovo ThinkBook 14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き
97,900円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7530U1637016GB512GB SSDAMD Radeon グラフィックス227814.0インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.40kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きミネラルグレーなしなし・指紋認証センサー付き
2位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付きLenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
81,840円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U978316GB512GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス127714.0インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.40kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし-
3位Lenovo
IdeaPad Slim 5i Gen 8 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付きLenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
109,780円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-12450H1800416GB512GB SSDCPU内蔵(インテル UHD グラフィックス)148114.0インチ1920×1200(WUXGA)60HzNTSC 45%1.46kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付き
・顔認証機能付き
Microsoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし-
4位Dell
Vostro 3420 ノートパソコンDell Vostro 3420 ノートパソコン
97,599円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-1135G7993616GB512GB SSDインテル Iris Xe グラフィックス268614.0インチ1920×1080(フルHD)60HzsRGB 約62.7%1.48kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Personal 2021付き(+15,400円でMicrosoft Office Home & Business 2021に変更可)カーボン ブラックなしなし-
5位Lenovo
ThinkPad E14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付きLenovo ThinkPad E14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き
107,800円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7530U1611716GB512GB SSDAMD Radeon グラフィックス-14.0インチ1920×1200(WUXGA)60HzNTSC 45%1.41kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きブラックなしなし・指紋認証機能付き

1位Lenovo ThinkBook 14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き

ThinkBook 14 Gen 5 AMD
画像出典:Lenovo公式サイト

97,900円(税込)

Lenovoの14インチ・フルHDノートパソコンです。

CPUは高性能なAMD Ryzen 5 7530U、メモリは16GBなので、複数のツールやアプリを同時に立ち上げてもスムーズに作業できます。

WebカメラはフルHDで高画質かつプライバシーシャッター付きなので、ZoomなどのWebミーティングにもおすすめです。

指紋認証センサー付きなので、セキュリティに配慮した上で素早くログインできます。

重量が約1.40kgと軽いので、気軽に持ち運べます。

Microsoft Office Home & Business 2021」付きなので、購入してすぐにExcel・Word・PowerPointなどのOfficeソフトを使用できます。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo ThinkBook 14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • コスパが良い
  • WebカメラがフルHDで高画質かつプライバシーシャッター付き
  • 指紋認証センサー付き
  • 重量が約1.40kgと軽い
  • Microsoft Office Home & Business 2021付き
  • 色域カバー率が45%NTSCと低めなので、本格的なクリエイターには向かない

スペック一覧

1位Lenovo
ThinkBook 14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo ThinkBook 14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)97,900円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7530U
CPUのPassMark値16370
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUAMD Radeon グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)2278
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量1.40kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラーミネラルグレー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証センサー付き

ランキングに戻る↑

2位Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き

Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
画像出典:Lenovo公式サイト

81,840円(税込)

Lenovoの14インチのフルHD液晶ノートパソコンです。

Microsoft Office Home & Business 2021」がインストールされているので、すぐにOfficeソフトが使用できます

CPUはAMD Ryzen 5 7520Uを搭載しており、軽い動画編集も可能なほど高性能です。

ストレージは大容量の512GB SSDを搭載しているので、重いデータを扱いたい方も安心です。

わずか17.9mmのスリムなボディを採用しており、重量も約1.4kgと軽量なので、気軽に持ち運ぶことができます。

バッテリーも大容量なので、外出先でも安心して使用できます。

この高性能さで8万円以下なので、コスパが圧倒的に良いです。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • コスパが圧倒的に良い。
  • SSDが512GBと大容量なので重めのデータも安心。
  • 軽量薄型ボディーで持ち運びに便利
  • 色域カバー率が45%NTSCと低めなので、画像編集や動画編集などのクリエイター向けのソフトには向かない。

スペック一覧

2位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)81,840円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7520U
CPUのPassMark値9783
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUAMD Radeon 610M グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)1277
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量1.40kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラークラウドグレー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

3位Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き

Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8
画像出典:Lenovo公式サイト

109,780円(税込)

Lenovoの14インチ、WUXGA液晶ノートパソコンです。

メモリは16GB、CPUは高性能なインテル Core i5-12450Hを搭載しており、動画編集やオンラインゲームを快適に楽しめるほど高性能です。

SSDは512GBと大容量なので、動画や音楽データなどの重めのデータも安心して保存できます。

WebカメラはフルHDの高画質、且つプライバシーシャッター付きなので、Webミーティングにもおすすめです。

また、カメラは顔認証機能付きなので、素早く安全にログインできます。

「Microsoft Office Home & Business 2021」付きなので、購入してすぐにExcel・Word・PowerPointなどのOfficeソフトを使用できます。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • CPUが非常に高性能
  • SSDが512GBと大容量
  • Webカメラが高画質(フルHD)でプライバシーシャッター付き、且つ顔認証機能付き
  • 色域カバー率が45%NTSCと低めなので、本格的なクリエイターには向かない

スペック一覧

3位Lenovo
IdeaPad Slim 5i Gen 8 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)109,780円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i5-12450H
CPUのPassMark値18004
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUCPU内蔵(インテル UHD グラフィックス)
GPU Average G3D Mark(PassMark)1481
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1200(WUXGA)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量1.46kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き・顔認証機能付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラークラウドグレー
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

4位Dell Vostro 3420 ノートパソコン

Dell Vostro 3420 ノートパソコン
画像出典:Dell公式サイト

97,599円(税込)

Dellの14インチのフルHD液晶ノートパソコンです。

Microsoft Office Home & Business 2021」が付いており、+15,400円で「Microsoft Office Home & Business 2021」にカスタマイズすることもできます。

CPUはインテル Core i5-1235Uを搭載しており、軽い動画編集も可能なほど高性能です。

Dell公式サイトで購入できます。

「Dell Vostro 3420 ノートパソコン」のメリット・デメリット

  • カーボンブラックの落ち着きのあるデザイン。
  • 色域カバー率が45%NTSCと低めなので、画像編集や動画編集などのクリエイター向けのソフトには向かない。
  • コスパがやや悪い。

スペック一覧

4位Dell
Vostro 3420 ノートパソコン
画像Dell Vostro 3420 ノートパソコン
価格(税込)97,599円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル Core i5-1135G7
CPUのPassMark値9936
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUインテル Iris Xe グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)2686
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1080(フルHD)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率sRGB 約62.7%
重量1.48kg
Webカメラ約92万画素(HD・720p)
Webカメラ備考-
OfficeソフトMicrosoft Office Personal 2021付き(+15,400円でMicrosoft Office Home & Business 2021に変更可)
カラーカーボン ブラック
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴-

ランキングに戻る↑

5位Lenovo ThinkPad E14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き

Lenovo ThinkPad E14 Gen 5 AMD
画像出典:Lenovo公式サイト

107,800円(税込)

Lenovoの14インチ・WUXGA高画質ノートパソコンです。

CPUはAMD Ryzen 5 7530U、メモリは16GBなので、複数のアプリやツールを同時に使用する場合も快適に作業できます。

Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できます。

ディスプレイ解像度が1920×1200(WUXGA)で高画質なので、鮮明な映像が楽しめます。

WebカメラはフルHDで高画質なのに加え、プライバシーシャッター付きなのでWebミーティングなどにもおすすめです。

指紋認証機能付きなので、セキュリティに配慮した上で素早くログインできます。

Lenovo公式サイトで購入できます。

「Lenovo ThinkPad E14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き」のメリット・デメリット

  • Microsoft Office Home & Business 2021付きなので、永続的にワードやエクセルなどのOfficeソフトを使用できる
  • Webカメラが約207万画素(フルHD・1080p)と高画質かつ、プライバシーシャッター付き
  • ディスプレイ解像度が1920×1200(WUXGA)で高画質
  • 指紋認証機能付き
  • 色域カバー率がNTSC 45%とやや低め

スペック一覧

5位Lenovo
ThinkPad E14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き
画像Lenovo ThinkPad E14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き
価格(税込)107,800円
詳細
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 7530U
CPUのPassMark値16117
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
GPUAMD Radeon グラフィックス
GPU Average G3D Mark(PassMark)
ディスプレイサイズ14.0インチ
ディスプレイ解像度1920×1200(WUXGA)
最大リフレッシュレート60Hz
色域カバー率NTSC 45%
重量1.41kg
Webカメラ約207万画素(フルHD・1080p)
Webカメラ備考・プライバシーシャッター付き
OfficeソフトMicrosoft Office Home & Business 2021付き
カラーブラック
テンキーなし
タブレットモードなし
その他の特徴・指紋認証機能付き

ランキングに戻る↑

医師におすすめのノートパソコン【Mac】

Apple MacBook Air 13インチ(M1チップ・メモリ16GB)

Apple MacBook Air(M1チップ)
画像出典:Apple公式サイト

Apple MacBook Air 13インチ(M1チップ・メモリ16GB)
162,800円(税込)

Macのノートパソコン派の方は、2020年に発売された、M1チップ搭載の「13インチMacBook Air」がおすすめです。

標準モデルはメモリ8GBですが、16GBにカスタマイズすることをおすすめします。

ディスプレイ解像度が2560×1600(WQXGA液晶)で非常に高画質なので、趣味で動画・映画鑑賞などを楽しみたいという方にもおすすめです。

OSmacOS
CPU・GPUApple M1チップ
CPUのPassMark値(Average CPU Mark)14077
メモリ16GB(カスタマイズ
ストレージSSD 256GB
ディスプレイサイズ13インチ
ディスプレイ解像度2560×1600
重量約1.29kg
Webカメラ720p(HD)
価格
(税込・送料込)
162,800円(税込)
公式サイト

まとめ

医師におすすめのノートパソコン5選【Windows】

医師におすすめのWindowsノートパソコン5選は、以下のとおりです。

商品名価格・詳細OSCPUCPU PassMarkメモリストレージGPUAverage G3D Markディスプレイサイズディスプレイ解像度リフレッシュレート色域カバー率重量WebカメラWebカメラ備考Officeソフトカラーテンキータブレットモードその他の特徴
1位Lenovo
ThinkBook 14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付きLenovo ThinkBook 14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き
97,900円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7530U1637016GB512GB SSDAMD Radeon グラフィックス227814.0インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.40kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きミネラルグレーなしなし・指紋認証センサー付き
2位Lenovo
IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付きLenovo IdeaPad Slim 170 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
81,840円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7520U978316GB512GB SSDAMD Radeon 610M グラフィックス127714.0インチ1920×1080(フルHD)60HzNTSC 45%1.40kg約92万画素(HD・720p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし-
3位Lenovo
IdeaPad Slim 5i Gen 8 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付きLenovo IdeaPad Slim 5i Gen 8 - クラウドグレー - マイクロソフトオフィス付き
109,780円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-12450H1800416GB512GB SSDCPU内蔵(インテル UHD グラフィックス)148114.0インチ1920×1200(WUXGA)60HzNTSC 45%1.46kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付き
・顔認証機能付き
Microsoft Office Home & Business 2021付きクラウドグレーなしなし-
4位Dell
Vostro 3420 ノートパソコンDell Vostro 3420 ノートパソコン
97,599円Windows 11 Home 64bitインテル Core i5-1135G7993616GB512GB SSDインテル Iris Xe グラフィックス268614.0インチ1920×1080(フルHD)60HzsRGB 約62.7%1.48kg約92万画素(HD・720p)-Microsoft Office Personal 2021付き(+15,400円でMicrosoft Office Home & Business 2021に変更可)カーボン ブラックなしなし-
5位Lenovo
ThinkPad E14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付きLenovo ThinkPad E14 Gen 5 AMD - マイクロソフトオフィス付き
107,800円Windows 11 Home 64bitAMD Ryzen 5 7530U1611716GB512GB SSDAMD Radeon グラフィックス-14.0インチ1920×1200(WUXGA)60HzNTSC 45%1.41kg約207万画素(フルHD・1080p)・プライバシーシャッター付きMicrosoft Office Home & Business 2021付きブラックなしなし・指紋認証機能付き

医師におすすめのノートパソコン【Mac】

Apple MacBook Air(M1チップ)
画像出典:Apple公式サイト

Apple MacBook Air 13インチ(M1チップ・メモリ16GB)
162,800円(税込)

Macのノートパソコン派の方は、2020年に発売された、M1チップ搭載の「13インチMacBook Air」がおすすめです。

OSmacOS
CPU・GPUApple M1チップ
CPUのPassMark値(Average CPU Mark)14077
メモリ16GB(カスタマイズ
ストレージSSD 256GB
ディスプレイサイズ13インチ
ディスプレイ解像度2560×1600
重量約1.29kg
Webカメラ720p(HD)
価格
(税込・送料込)
162,800円(税込)
公式サイト